1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「第3回全国小中生プログラミング大会」、2次審査通過の10作品を発表

2018年10月17日

「第3回全国小中生プログラミング大会」、2次審査通過の10作品を発表

全国小中学生プログラミング大会(JJPC)実行委員会は16日、「第3回全国小中学生プログラミング大会」で1次審査を通過した30作品のうち、2次審査で入選した10作品を発表した。

第二次審査通過作品(全10作品、作品名アルファベット&50音順)

第2次審査通過作品(全10作品、作品名アルファベット&50音順)

同大会は、7月1日~9月5日までの募集期間に、作成したプログラムを提出して応募するもので、今年は282件の作品が寄せられた。これは、昨年開催した第2回(167作品)の1.7倍。

また今年は、同大会と連携している「U-22プログラミング・コンテスト」にも460作品の応募があり、両コンテストで合計742作品の応募となったという。

「MagicalGuitar」(中3生)、「ロボロボパズル!」(中1生)、「点字メーカーVer1.03」(小4生)など、今回の2次審査で選ばれた10作品の中から21日に開催される最終審査会でグランプリなどの各賞が決まる。

なお、同大会とU-22プログラミング・コンテストの合同企画として、表彰式と同日にTEPIA 3Fエキシビションホールで「ヤングプログラマーズ・デイ 2018」を併催する。

この催しは、大会入選作品の紹介やプログラミング教育に関する展示、初心者から経験者まで楽しめるミニワークショップ・VR体験ブースなどを集めた、子ども向けプログラミングイベントで、合計5つのワークショップ・VR体験を同じ会場で楽しめる。

開催概要

開催日程:10月21日(日)
開催場所:TEPIA [東京都港区北青山2-8-44]
開催内容:
12:00~16:30 ヤングプログラマーズ・デイ2018
16:50~17:30 全国小中学生プログラミング大会表彰式
17:40~18:20 U-22×JJPC合同パネルディスカッション「IT×教育 質問・相談室」

関連URL

全国小中学生プログラミング大会

U-22プログラミング・コンテスト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
児童生徒の個人情報が保存されている校務PCのログインを簡単・安心・安全に保護する方法 Yubi Plusで保護する方法 公開中! 二要素認証で安全に校務を! Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
オンライン授業・学習支援システム ライセンス無料進呈 TeacherView

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って?
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス