1. トップ
  2. データ・資料
  3. 学習塾の5割が「入退室メールシステム」導入、ネオレックス調べ

2018年10月26日

学習塾の5割が「入退室メールシステム」導入、ネオレックス調べ

ネオレックスは25日、小学校4年〜高校3年までの子を持つ全国の保護者を対象に実施した「学校や学童保育、学習塾での入退室メールシステムの普及状況調査」の結果をまとめ発表した。

d13046-28-572786-6入退室メールシステムは、学校や学童保育、塾などの習い事教室といった教育機関で利用されている、子どもの出入りをメールで保護者に通知するシステム。

単体のパソコンやタブレットなどにインストールして利用するものと、クラウドサービスがあり、初期費用のみで利用可能なものと、月額費用が必要なものがある。

調査結果によると、入退室メールシステムを知っている保護者は52.4%と半数を超えており、実際に使ったことがある保護者は約30%。利用していない理由で最も多かったのは「提供がない」の約81%。

d13046-28-656974-0また、こうしたメール通知を「有益」と評価する保護者は75.8%にのぼり、安否確認や送迎、家事の準備、記念など、様々な用途で活用されている。

同システムの普及率を見ると、学習塾50%、小学校(公立)31%、中学校(公立)9%、学童保育11%、英会話教室11%、そろばん教室5%、水泳教室7%、サッカー教室8%、ピアノ教室3%、その他6%。

導入が先行する学習塾では、すでに普及率が5割に至っており、公立小学校でも1割が導入済みだった。

同調査は、9月にインターネットによるアンケート方式で実施。有効回答数は1085。対象となった子どもの割合は、小学生30%、中学生32%、高校生38%。

関連URL

タブレット タイムレコーダー

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス