1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「小学校でのプログラミング授業」必要だと思う親は47.3%、VSN調べ

2017年12月15日

「小学校でのプログラミング授業」必要だと思う親は47.3%、VSN調べ

エンジニア人材サービスのVSNは14日、小学生の子どもを持つ20~50代の男女を対象に行った「小学生のプログラミング学習に関する意識調査」の結果をまとめ発表した。

d10295-98-528220-0調査結果によると、2020年度からの小学校でのプログラミング教育必修化にあたって、親(男女)に必要性を聞いたところ47.3%が「必要」と答えた。

d10295-98-137130-1理由は、「ITテクノロジーの進化を考えると必要」「早いタイミングから基礎知識を身に着けるべきだから」など。ただ、子どもをプログラミング教室に通わせているのは6.2%と現在はまだ少数だった。

子どもが将来、プログラマーやエンジニアになることには53.8%が「賛成」と回答。「反対」は1割程度と、賛成意見が大きく上回る結果となった。

子どもが使いこなしているデバイスは「スマートフォン」54.7%、「タブレット」48.1%、「パソコン」24.5%という結果に。

調査は12月1日~4日、インターネットリサーチで行い、計994人から回答を得た。

関連URL

調査結果の詳細

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス