1. トップ
  2. データ・資料
  3. 5割の人が「将来、医師はAIに置き代わってほしくない」

2017年7月7日

5割の人が「将来、医師はAIに置き代わってほしくない」

ジャストシステムは6日、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing
Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利⽤して実施した「人⼯知能(AI)&ロボット⽉次定点調査(2017年6⽉度)」の結果を発表した。

fa_report-ai-20170706.pdf-000054調査結果によると、将来、AIやロボットに「置きかわってほしくない」という回答がもっとも多かった医療系の職業は「救急救命⼠」で52.1%、次いで「医師」が48.8%だった。

飲⾷系の職業では、「置きかわってほしくない」との回答がもっとも多かったのは「和菓⼦職⼈」で55.7%、次いで「板前」が55.3%。

また、 話しかけると、その内容に応じて情報提供や命令を実⾏してくれる、AIを活⽤した
「Amazon Echo」「Google Home」といった「スマートスピーカー」について、「購⼊を検討している」⼈は7.1%、「興味はあるが、購⼊は検討していない」⼈は21.9%、「知っているが、興味はない」⼈は14.5%。合計すると43.5%の⼈が認知していた。

AIやロボットの発達により、暮らしの利便性が向上する可能性について、「とても期待している」⼈は17.4%、「どちらかというと期待している」⼈は37.1%。合わせて54.5%の⼈が期待をしていると答えた。

AIやロボットの発達で⼈材不⾜が解消されるかを聞いたところ、「解消すると思う」と答えた⼈は20.1%、「ある程度は解消すると思う」⼈は47.9%。合計68.0%の⼈がAIやロボットは⼈材不⾜を解決する策の⼀つとなりえると考えていた。

一方、 AIが発達することによるリスクや不安には、「AIを悪⽤した犯罪」を挙げた⼈がもっとも多く42.7%、次いで「AIを採⽤してしまったがための事故」が41.8%、「AIの誤作動を⼈間が⽌められなくなる」が37.6%だった。

関連URL

調査結果レポート

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
参加者募集 タミヤロボットスクール フランチャイズ教室加盟相談会 東京10月7日・21日/大阪10月16日(水)

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス