1. トップ
  2. データ・資料
  3. AIやロボットに置きかわってほしくないのは「プロ野球選手」

2017年12月22日

AIやロボットに置きかわってほしくないのは「プロ野球選手」

ジャストシステムは21日、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利⽤して実施した「⼈⼯知能(AI)& ロボット ⽉次定点調査(2017年11⽉度)」の結果を発表した。

fa_report-ai-20171221.pdf-000059それによると、プロ野球選⼿やサッカー選⼿、スポーツインストラクターなどのスポーツ関連職業で、「AIやロボットに置きかわってほしくない」と回答した割合が多かったのは、「プロ野球選⼿」68.5%、「サッカー選⼿」67.7%、「⼒⼠」67.4%だった。

将来、AIに置きかわると思う職種を聞いたところ、「営業」は39.9%、「企画」は47.6%、「マーケティング」は61.4%の⼈が「将来、AIに置きかわると思う」と回答。

また、「Siri」などに代表される「AI⾳声アシスタント」の利⽤頻度については、「ほぼ毎⽇利⽤する」⼈は7.3%、「週に4〜5回ぐらいは利⽤する」⼈は7.0%、「週に2〜3回ぐらいは利⽤する」⼈は8.5%、「週に1回ぐらいは利⽤する」⼈は10.0%。合計すると32.8%の⼈が週に1回以上利⽤していた。

将来、AIやロボット活⽤が進んでほしいと思う産業分野では、「製造業」を挙げる⼈が最も多く61.9%、次いで「情報通信業」59.6%。

個⼈が趣味で利⽤できる⼩型の無⼈⾶⾏機「ホビー⽤ドローン」の認知率は61.9%だったが、「現在所有している」⼈は3.8%、「購⼊を検討している」⼈は5.2%だった。

同調査は、15歳〜69歳の男⼥1100人を対象に、11⽉29⽇〜12⽉3⽇に実施。

関連URL

調査結果の詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使うパソコンのセキュリティ対策は? できてない! バッチリです Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス