1. トップ
  2. データ・資料
  3. 4⼈に1⼈が、商品やサービス名に「AIが付くと購⼊してみたい」

2018年2月1日

4⼈に1⼈が、商品やサービス名に「AIが付くと購⼊してみたい」

ジャストシステムは1月31日、マーケティングリサーチ情報サイト「Marketing Research Camp」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利⽤して実施した「⼈⼯知能(AI)& ロボット⽉次定点調査(2017年12⽉度)」の結果をまとめ発表した。

fa_report-ai-20180131.pdf-000078それによると、「商品やサービスの名称にAIや⼈⼯知能という⾔葉が含まれると、購⼊してみたいと思う」⼈は24.5%。

また、「商品やサービスの名称にAIや⼈⼯知能という⾔葉があると、より興味がわく」と答えた⼈は32.6%で、商品名やサービス名に「AI」「⼈⼯知能」が⼊っていると、惹かれる⼈がいることが分かった。

気象予報⼠やフラワーコーディネーター、ペットショップ店員など、⾃然や動物に関する職業が、将来、AIに置きかわるかどうかは「気象予報⼠」は71.5%、「フラワーコーディネーター」は41.7%、「ペットショップ店員」は40.0%の⼈が「置きかわると思う」と回答した。

一方、 ツアーガイドやウエディングプランナーなど、ホテルや旅⾏関連の職種の中で、将来、AIに置きかわってほしくないという意⾒が最も多かったのは「ウエディングプランナー」(43.2%)。次いで「海外ツアーガイド」(39.3%)、「ツアーコンダクター」(37.5%)。

「商品やサービスの名称にAIや⼈⼯知能といった⾔葉があった場合に、よくわからないが、正確性がありそうだ」と思う⼈は38.1%だった。

関連URL

調査結果の詳細

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ