1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「Classiポートフォリオ」に「アルバム機能」と「学びの振り返り機能」を追加

2018年10月30日

「Classiポートフォリオ」に「アルバム機能」と「学びの振り返り機能」を追加

Classiは26日、「Classiポートフォリオ」の新たな機能として「アルバム機能」と「学びの振り返り機能」の提供を開始した。

アルバム機能の画面と、学びの振り返り機能(先生からの課題配信)画面

アルバム機能の画面と、学びの振り返り機能(先生からの課題配信)画面

「Classiポートフォリオ」は、今後の大学入試で必要となる学習記録データ(eポートフォリオ)の蓄積だけでなく、日々の学校生活の中で得た学びや気付きを、スマートフォンやタブレットなどで記録しながら、生徒の“主体的に学ぶ力”を育成するための機能。

“主体的に学ぶ力”を育成するには、目標を設定し学びに対する見通しをもちながら、粘り強く学び続けること、自己の学習活動をしっかりと振り返ることが、特に重要と言われている。今回の新機能は、これらを支援する機能として提供開始した。

新機能の特徴としては、目標を意識しながら、日々の記録を整理する「アルバム機能」と学期末等の節目に振り返りがしやすくなる「学びの振り返り機能」の2つ。

「アルバム機能」は、生徒が日々記録をしていくポートフォリオの活動内容を「アルバム」として、わかりやすくまとめることができるもの。学期のスタート、部活の大会、修学旅行など、さまざまな場面ごとに活動記録を「アルバム」として整理することができる。「アルバム」を新規作成し記録をためていくことも、過去の記録を見返していく中で、あとから「アルバム」としてまとめ直すといったことも可能。「アルバム」の表紙には、目標を記載することができ、日々ポートフォリオに活動を記録する際に、目標を意識することで、深い学びにつなげることができるという。

「学びの振り返り機能」では、過去の活動内容を見返す際に便利な「過去の活動記録を見るボタン」を実装、「キーワード検索」や、活動記録につけられるマークによる検索ができるようになり、学期末などの節目に、学習活動を振り返りやすくなった。さらに、教師が生徒に振り返ってほしいポイントなどを、学校オリジナルの設問として課題配信できるなど、教師からの気付きを与えるための機能を強化した。

これらの新機能に加えて、すでに実装されている「課題提出状況の確認」や「CSV出力」など機能を最大限に活用することで、教師は生徒の記録を確認しながら、フィードバックしやすくなり、今まで以上に“点ではなく線でとらえた指導”を行うことができるようになるという。

関連URL

Classi

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス