1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 視覚障がい者の外出を「声」で支援する「VIBLO by &HAND」を開発

2018年11月12日

視覚障がい者の外出を「声」で支援する「VIBLO by &HAND」を開発

PLAYERSとWHITEは、点字ブロック(視覚障がい者誘導用ブロック)をスマートスピーカーやLINEと連携させ、視覚障がい者の外出を「声」で支援するサービス「VIBLO by &HAND(ヴィブロ・バイ・アンドハンド)」のプロトタイプの共同開発を9日に発表した。

VIBLO by &HAND:利用シーン

VIBLO by &HAND:利用シーン

「VIBLO by &HAND」は、点字ブロックをテクノロジーでアップデートし、視覚障がい者が1人でも安心して外出でき、より自分らしく豊かな生活を送れるようになることを目指したサービス。

点字ブロックに発信機を内蔵した「VIBLO BLOCK(ヴィブロ・ブロック)」、スマートスピーカー「Clova」、「LINEアプリ」、ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo」を活用し、視覚障がい者の移動を「声」でサポートする。

スマートスピーカーを使って目的地を設定すると、出発地から目的地までに敷設されたVIBLO BLOCKにルート情報が反映。

視覚障がい者がVIBLO BLOCKに近づくと、ルート情報を受け取ったLINEが、目的地までの道順案内をLINEメッセージと音声で伝える。オープンイヤータイプのヘッドセットを利用するため、周辺音を遮断せずに音声を聞き取れる。

出発地から送り出した家族や、目的地で到着を待つ友人など、視覚障がい者を支援する人がスマートスピーカーに呼びかけて現在地を問い合わせることもできる。

視覚障がい者がルートを外れてしまったときやトラブルが起きたときは、LINEのビデオ通話機能とスムーズに連携し、「代わりの目」となってサポートすることもできる。

「VIBLO by &HAND」の共同開発は、PLAYERSがリサーチ、コンセプトデザイン、UXデザインなどを行い、WHITEがシステム開発などを担当。

関連URL

VIBLO by &HAND(ヴィブロ・バイ・アンドハンド)

KDDIまとめてオフィス タブレットの運用が不安 KDDIグループに全部お任せ!
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ロボットとならはずかしくない!間違えたって英語で話そう!英会話ロボットはチャーピー Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 大型提示装置の活用が“ぐん”と広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス