1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 視覚障がい者の外出を「声」で支援する「VIBLO by &HAND」を開発

2018年11月12日

視覚障がい者の外出を「声」で支援する「VIBLO by &HAND」を開発

PLAYERSとWHITEは、点字ブロック(視覚障がい者誘導用ブロック)をスマートスピーカーやLINEと連携させ、視覚障がい者の外出を「声」で支援するサービス「VIBLO by &HAND(ヴィブロ・バイ・アンドハンド)」のプロトタイプの共同開発を9日に発表した。

VIBLO by &HAND:利用シーン

VIBLO by &HAND:利用シーン

「VIBLO by &HAND」は、点字ブロックをテクノロジーでアップデートし、視覚障がい者が1人でも安心して外出でき、より自分らしく豊かな生活を送れるようになることを目指したサービス。

点字ブロックに発信機を内蔵した「VIBLO BLOCK(ヴィブロ・ブロック)」、スマートスピーカー「Clova」、「LINEアプリ」、ワイヤレスオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo」を活用し、視覚障がい者の移動を「声」でサポートする。

スマートスピーカーを使って目的地を設定すると、出発地から目的地までに敷設されたVIBLO BLOCKにルート情報が反映。

視覚障がい者がVIBLO BLOCKに近づくと、ルート情報を受け取ったLINEが、目的地までの道順案内をLINEメッセージと音声で伝える。オープンイヤータイプのヘッドセットを利用するため、周辺音を遮断せずに音声を聞き取れる。

出発地から送り出した家族や、目的地で到着を待つ友人など、視覚障がい者を支援する人がスマートスピーカーに呼びかけて現在地を問い合わせることもできる。

視覚障がい者がルートを外れてしまったときやトラブルが起きたときは、LINEのビデオ通話機能とスムーズに連携し、「代わりの目」となってサポートすることもできる。

「VIBLO by &HAND」の共同開発は、PLAYERSがリサーチ、コンセプトデザイン、UXデザインなどを行い、WHITEがシステム開発などを担当。

関連URL

VIBLO by &HAND(ヴィブロ・バイ・アンドハンド)

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想に対応した MDM VMware Workspace ONE
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス