1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. eスポーツイベント「RAGE」、新たに「店舗」と「地方」の大会開催

2018年11月29日

eスポーツイベント「RAGE」、新たに「店舗」と「地方」の大会開催

CyberZは28日、エイベックス・エンタテインメントと共催しているeスポーツイベント「RAGE」の予選大会を一新し、これまで実施してきた大規模な予選大会に加え、「店舗大会」と「地方大会」を新たに開催すると発表した。

d6792-322-770655-1この新システムは、CygamesのShadowverseの採用が決定した次回の「RAGE Shadowverse 2019 Spring」から採用される。

店舗大会(12月23日)は全国約30店舗、地方大会は富山(12月15日)、愛知(12月22日)、大阪(12月15日)、岡山(2019年1月12日)の4地域での開催が決定。

店舗大会で優勝すると、次回RAGE Shadowverseの予選大会Day1参加権とDay1 1回戦不戦勝が、地方大会で優勝すると、次回RAGE Shadowverseの交通費・宿泊費付き予選大会Day2シード権が獲得できる。

店舗大会や地方大会に参加しても、予選大会には通常エントリーできる。今後、店舗大会、地方大会は順次拡大していく予定という。

「RAGE」は、CyberZとエイベックスが年間を通して運営する、複数ジャンルのゲーム最強王者を決める「次世代型eスポーツ大会」。これまで、「Vainglory」、「ストリートファイターV」、「ウイニングイレブン2017」、「Shadowverse」を競技タイトルとして採用。

決勝大会では、それぞれの予選大会を勝ち進んできたプレイヤーが一堂に会し、各タイトルの王者を目指し熱い闘いを繰り広げる。

関連URL

店舗・地方大会の詳細

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス