1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Books&Company×キリロム工科大、AI小説執筆プロジェクト開始

2018年12月11日

Books&Company×キリロム工科大、AI小説執筆プロジェクト開始

Books&Companyは10日、カンボジアのキリロム工科大学と提携し、AIによる小説執筆のプロジェクトを開始したと発表した。

d31153-14-911865-2このプロジェクトは今年5月にスタート。第1フェーズの「小説の自然言語理解」を終了し、現在は第2フェーズの「自然言語生成」の段階に移行しており、文章生成ができるまでに開発が進んでいる。

同プロジェクトは、単なる研究にとどまらず、AIが執筆した作品を商業出版させることを目的にしている。

AIによる小説執筆は、研究としては以前から国内他大学などで取り組みが始まっているが、まだ、社会実装=商業出版という段階には至っていない。

Books&Companyとキリロム工科大学は、これを一歩進めて、人工知能が執筆した小説を実際の書店で販売できるレベルまで引き上げることを目指している。

小説創作に使用するのは、AIテクノロジーの中でも自然言語処理に分類されるジャンル。身近なサービスでは、自動翻訳、AIスピーカー、チャットボットなどで社会実装されている。

これと同じテクノロジーを駆使して、あたかも人間が書いたかのような物語を創作するAIプログラムを開発するのが、今回のプロジェクトの目的。そのためには、構造化されたデータを学習させ、幾度となくチューニングを重ねて文章を生成させる。

今年10月から「自然言語理解」の工程を経て、「自然言語生成」のフェーズに移行。ある名作小説の続編を書くためのプログラムを開発している。

11月下旬に文章生成に成功。17秒間で75文(原稿用紙約5枚)を生成するという成果を挙げている。

関連URL

Books&Company

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス