1. トップ
  2. 学校・団体
  3. イノベーションに特化した政策を検討するPublic Meets Innovation設立

2018年12月14日

イノベーションに特化した政策を検討するPublic Meets Innovation設立

Public Meets Innovationは13日、イノベーションに特化した政策を検討し、社会への発信を目的とした社団法人を新たに設立したと発表した。

d39994-1-986297-0同団体では、これからの社会を担うミレニアル世代を中心とした国家公務員、政治家、弁護士などのパブリックセクターとスタートアップや研究・教育機関のイノベーターらが協働し、日本が抱える社会課題に対してイノベーションがどのように社会に機能・実装しうるかを考えるコミュニティを通じ政策を立案、世の中に発信をしていく。

また、10年後・50年後の「当たり前」を提案し、イノベーションの社会実装が当たり前になるエコシステムの構築を目指す。

具体的な活動としては、 パブリックセクター(官僚・政治家・弁護士・政策関係者など)とイノベーター(スタートアップやベンチャー経営者、テクノロジー技術者など)がフラットな立場でつながり、交流・相談・議論・コラボレーションが生まれるコミュニティを構築する。

また、イノベーターへの法律相談、政策に関する相談窓口を設置。イノベーションに特化した政策の検討と発信を行う。

さらに、外部を広く巻き込んだ普及啓発活動として、イノベーション政策や関連テーマに関する情報発信、勉強会やイベント・カンファレンスを開催する。

関連URL

Public Meets Innovation

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス