1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. トレンドマイクロ、2019年の脅威動向を予測したレポート公開

2018年12月14日

トレンドマイクロ、2019年の脅威動向を予測したレポート公開

トレンドマイクロは13日、2019年の国内外における脅威動向を予測したレポート「2019年セキュリティ脅威予測」を公開した。

それによると、2019年の「個人利用者における脅威予測」では、脆弱性攻撃に代わり、フィッシングなど「ソーシャルエンジニアリング」手法がさらに台頭する。

また、「ネットの有名人」が攻撃に利用される、チャットボットが悪用される、情報漏えいで窃取された個人情報の大規模悪用が発生する、セクストーションの事例が増加することが予測される。

「企業における脅威予測」では、ホームネットワークを利用した在宅勤務が企業のセキュリティリスクとなる、GDPR規制当局が違反の大手企業に対して世界年間売上総額4%の罰金を課す、世界のさまざまな出来事がソーシャルエンジニアリングの攻撃に利用されることが予測される。

また、幹部より低い役職の社員を狙ったビジネスメール詐欺の登場、業務プロセスの自動化に伴う新たなビジネスプロセス詐欺のリスクが生じる、「ネット恐喝」の多様化・拡大化が進むことも予測。

「社会・政治状況を巡る脅威予測」では、各国で選挙が控える中、フェイクニュース対策が困難な課題となる、標的型サイバー攻撃の巻き添え被害が各国に波及する、政府によるセキュリティ関連法案の導入や強化が進むことを挙げている。

さらに、「セキュリティ業界を巡る脅威予測」では、サイバー犯罪者はより多くの手口を組み合わせて検出回避に利用する、既知の脆弱性を利用した攻撃が圧倒的多数となる、AI技術を利用した高度な標的型攻撃が確認されることが考えられるという。

関連URL

「2019年セキュリティ脅威予測」全文

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス