1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. トレンドマイクロ、2018年の脅威動向を予測したレポートを公開

2017年12月15日

トレンドマイクロ、2018年の脅威動向を予測したレポートを公開

トレンドマイクロは14日、国内外の脅威動向を予測したレポート「2018年セキュリティ脅威予測」を同⽇公開したと発表した。

それによると、2017年は「WannaCry」をはじめとした新種のランサムウェアが猛威を振るい、多くの法⼈組織が被害を受けた。

ランサムウェアの攻撃インフラのサービス提供者と、その利⽤者がインターネット経由でつながる「RaaS(Ransomware as a Service)」のビジネスモデルの形態や、匿名性の⾼い⾝代⾦のやり取りが可能な仮想通貨の存在は、サイバー犯罪者が追跡を逃れる隠れみのとなっている。

こうした傾向は2018年も続くと⾒られる。加えて、今後は⼯場の⽣産ラインや制御システムなどIIoT(Industrial Internet of Things)システムへのサイバー攻撃や、GDPRなどの情報保護関連の法令違反を材料として、より⾼額な利益を得ようとする新たなネット恐喝⼿法が出現する可能性がある。

増え続ける新種ランサムウェアや新たなネット恐喝⼿法に対して理解を深めるとともに、従来のパターンマッチングによる検出に加えて、サンドボックス技術やAI技術を使用した検出など複数の技術の組み合わせによる対策がますます重要になるという。

また、2016年後半から2017年にかけて、WebカメラなどのIoTデバイスを乗っ取ってDDoS攻撃に加担させる不正プログラムが多数登場し、実際に海外のWeb サービスが停⽌するなど問題となった。

最近ではビットコインなどの仮想通貨のマイニングにIoTデバイスを悪⽤していることが疑われる事例などが確認されているという。

2018年は、DDoS攻撃以外のサイバー犯罪でも、追跡回避のためにIoTデバイスが悪⽤されたり、ドローンやスマートスピーカー、医療機器へのサイバー攻撃など脆弱性を抱えたIoTデバイスに対する攻撃が増加すると⾒られる。

関連URL

「2018年セキュリティ脅威予測」全⽂

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録