1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 大阪芸術大、写真学科でドローンを使った授業を来春から開始

2017年12月15日

大阪芸術大、写真学科でドローンを使った授業を来春から開始

大阪芸術大学は、写真学科に新たに加わる映像表現研究分野において、ドローンの操縦技術と空撮技術が習得できる授業を来年4月から開始する。

00

日本におけるドローン撮影の第一人者であり「ドローン撮影クリエイターズ協会 (DPCA)」代表理事でもある坂口博紀氏を招聘して行われるもので、国土交通省講習認定団体と連携し、2日間の学内講座での検定合格者には、10時間以上の飛行履歴確認後、国土交通省から飛行認可を受ける際に無人航空機の操縦知識や能力に関する確認を簡略化されるDRONEフライトオペレーター「操縦技能証明証」がDPCAから発行される。

授業では、ドローンの基礎知識、将来性や安全を確保するための規則などの講義や、実際にドローンを飛ばして練習できる実習が行われる。静止画だけでなく、最新の動画撮影に取り組む「映像表現」分野も学ぶ。さらに、「実験ドーム」を使った4Kプロジェクターによる全天周映像からVR、水中撮影の授業も展開する。

開講に先立ち、9月14日、写真学科3年生を対象に、坂口氏による「ドローン利活用と今後の展望について」と題した特別授業が実施され、ドローンとはいったい何か、その活用方法や改正航空法などについて講義と実演が行われたという。

関連URL

写真学科

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! CHIeru 無料体験版はこちら
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録