1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ドローンで撮影した画像を3D化するクラウドサービス「くみき」

2017年12月15日

ドローンで撮影した画像を3D化するクラウドサービス「くみき」

スカイマティクスは、ドローンで撮影した画像を3D化するための専用クラウドサービス「くみき」を、18日から提供開始する。

「くみき」操作画面

「くみき」操作画面

「くみき」は、ドローンで撮影した連続写真データをクラウドにアップロードするだけで、短時間かつ自動的に3Dデータを生成し、ユーザーへ提供することができるクラウドサービス。作成する成果物はオルソ画像、DSM (標高差) 画像、点群データなどで、Webアプリケーションの機能を使って、高度、距離、面積、体積、角度、断面などの情報を任意に計測・確認することができる。

これまで、ドローン撮影に対応した3D生成ソフトウェアは専門的な測量用ソフトウェアが市場を独占しており、価格も100万円を超えるものが主流で、操作においても専門的な技術を必要として一般のドローンユーザーにとっては手の届かないものとなっていたが、同社のサービスでは月額3000円からの料金プランを実現、データ処理についても専門知識を不要とすることで、多くのドローンユーザーが気軽に本格的な3Dを生成・計測することを可能にした。

これにより、ドローンで撮影した画像を単に空撮画像として楽しむだけでなく、「安価で簡単に3次元計測を行う」という価値を生み出し、これまで測量とは縁の薄かった新たな業界へユーザー層を拡大することを目指している。

今回の「くみき」の開発にあたり同社は朝日航洋と業務提携し、データ処理において朝日航洋の高いデータ処理技術を活用している。またリリースを記念して、12月18日から来年3月31日までの期間、会員登録後無料で1カ月間「くみき」を使用体験できるキャンペーンを実施する。処理データ上限は50枚、データの保管期間は無料トライアル期間中となっている。

関連URL

くみき

スカイマティクス

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 双方向授業で授業が変わる!学生が伸びる! クリッカーシステム FLOW(フロー) CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録