1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「U-22プログラミング・コンテスト」2018年度も継続開催決定

2017年12月15日

「U-22プログラミング・コンテスト」2018年度も継続開催決定

U-22プログラミング・コンテスト実行委員会は、来年度の「U-22プログラミング・コンテスト2018」の開催を決定した。

d13310-60-217036-0同コンテストは、国内のIT人材の発掘・育成を目的とした22歳以下の若者が対象のコンテスト。「U-22プログラミング・コンテスト実行委員会」が主催し、コンピュータソフトウェア協会が運営事務局となって実施している。

38年の歴史を持ち、今年2017年のコンテストでは、小学生から大学生まで幅広い年齢層から、過去最多となる334件 (参加者総数1236名) に及ぶ応募があり、10月に秋葉原コンベンションセンターホールで最終審査会が開催され、16作品が経済産業大臣賞をはじめとした各賞を受賞した。

来年度は4月に応募要領を発表、7月~8月に応募受付を予定しており、ユニークな発想やこれまでに培ってきた技術力を活かした、未発表または2017年9月1日以降に発表したオリジナル作品を募集する。ジャンルやプログラミング言語は問わない。

プログラミング言語による直接開発のほか、市販ライブラリや開発キット、オーサリングツールなどのソフトウェアも利用可。一般的なマシン環境で動作・再現できるものに限る。携帯電話で動作・再現できるものは審査対象となる。動作プラットフォームとしてはWindows、MacOS、GNU/Linux、Android、iOSを想定している。それ以外の場合は事前の相談に応じる。

来年度の開催を決定するとともに、協賛スポンサー企業の募集も開始した。募集締切は来年1月末。協賛スポンサー企業には、ランクに応じて実行委員会・審査委員会・懇親会への参加権利などの特典がある。

関連URL

U-22プログラミング・コンテスト

募集スポンサー概要

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス