1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「U-22プログラミング・コンテスト2019」運営委託先事業者を公募

2018年12月18日

「U-22プログラミング・コンテスト2019」運営委託先事業者を公募

コンピュータソフトウェア協会は17日、2019年度の「U-22プログラミング・コンテスト」の開催決定を発表した。それに伴い、Webサイト制作・コンテスト運営などの事業者を公募している。

d13310-75-506734-0同コンテストは、国内のIT人材の発掘・育成を目的として22歳以下の若者を対象に開催されている。2018年のコンテストでは、小学生から大学生まで幅広い年齢層から、過去最多となる参加者総数1581名、460作品の応募があり、10月にTEPIAホールで開催された最終審査会において経済産業大臣賞などが授与された。

2019年度も、4月に応募要項の発表、7月~9月に応募受付、9月~10月初旬に行われる事前審査と一次審査を経て、10月の最終審査会で各賞の発表を予定している。

同実行委員会では来年度の開催に向け、Webサイト構築、運営、デザイン案、事前審査および審査会運営事業者を公募している。

委託内容は、Webサイト (公式・SNS含む) の制作・運営・維持・管理/各種制作物 (ダイレクトメール用リーフレット、ポスター、小口協賛募集リーフレット、封筒など) の作成/DM、ポスターなどの発送作業 (郵送料含む) /事前審査 (原則動画による審査) /事前審査通過作品の実機動作確認/一次審査会の実機テスト、プレゼン、審査用フォーマット・集計システムの準備、当日の運営全般/一次審査通過者へのCertificate発行/最終審査会の機材サポート、当日の運営全般/最終審査会後の懇親会の運営などとなっている。

関連URL

事業者公募の詳細

U-22プログラミング・コンテスト

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス