1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. U-22プログラミング・コンテスト2019、通算40回目の詳細発表

2019年4月3日

U-22プログラミング・コンテスト2019、通算40回目の詳細発表

「U-22プログラミング・コンテスト」実行委員会は1日、2019年度プログラミング・コンテスト公式サイトをオープンし、今年度の応募要項を公開した。

d13310-76-914193-0同大会は、自らのアイデアで新しい未来を拓く、次代のITエンジニアを対象としたコンテスト。国内の優れたIT人材の発掘・育成を目的として、1980年から政府主催で開催。2014年の民間移行後は、コンテストの主旨に賛同した民間協賛企業に支えられ、開催を継続して通算40回目を迎える。

今回のコンセプトは「待ってろ、未来」。40周年を記念して、経済産業大臣賞の副賞を40万円に増額したほか、大臣賞受賞者には、さらなる成長を目指すための支援としてさまざまな特典を用意している。また、昨年に引き続き、全国小中学生プログラミング大会と連携し、最終審査は同日、同会場で実施し、イベントなどの企画も予定している。

参加資格は原則として22歳以下(1997年4月2日生まれ以降)。未応募(他のコンテストも含む)のオリジナル作品であること。応募期間は7月1日~9月2日で、10月20日に東京・秋葉原コンベンションホールで最終審査会を予定している。

関連URL

コンテスト公式サイト

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス