1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. U-22プログラミング・コンテスト2019、通算40回目の詳細発表

2019年4月3日

U-22プログラミング・コンテスト2019、通算40回目の詳細発表

「U-22プログラミング・コンテスト」実行委員会は1日、2019年度プログラミング・コンテスト公式サイトをオープンし、今年度の応募要項を公開した。

d13310-76-914193-0同大会は、自らのアイデアで新しい未来を拓く、次代のITエンジニアを対象としたコンテスト。国内の優れたIT人材の発掘・育成を目的として、1980年から政府主催で開催。2014年の民間移行後は、コンテストの主旨に賛同した民間協賛企業に支えられ、開催を継続して通算40回目を迎える。

今回のコンセプトは「待ってろ、未来」。40周年を記念して、経済産業大臣賞の副賞を40万円に増額したほか、大臣賞受賞者には、さらなる成長を目指すための支援としてさまざまな特典を用意している。また、昨年に引き続き、全国小中学生プログラミング大会と連携し、最終審査は同日、同会場で実施し、イベントなどの企画も予定している。

参加資格は原則として22歳以下(1997年4月2日生まれ以降)。未応募(他のコンテストも含む)のオリジナル作品であること。応募期間は7月1日~9月2日で、10月20日に東京・秋葉原コンベンションホールで最終審査会を予定している。

関連URL

コンテスト公式サイト

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス