1. トップ
  2. 学校・団体
  3. U-22プログラミング・コンテスト、事前審査通過した40作品を発表

2019年10月2日

U-22プログラミング・コンテスト、事前審査通過した40作品を発表

U-22プログラミング・コンテスト実行委員会は1日、今年の同コンテストの事前審査を通過した40作品を発表した。

今年から他のコンテストとの併願が「原則不可」となったが、通算40回目の開催となる「U-22プログラミング・コンテスト2019」には、406作品(参加者総数1145人)のエントリーがあった。

また、今年度U-22と連携している「全国小中学生プログラミング大会」(JJPC)には全351作品の応募があり、両コンテストで合計757作品の応募となった。

今回選ばれた40作品の中から、1次審査で16作品まで絞り込まれた後、20日に開催される最終審査会で、経済産業大臣賞(副賞:40万円)をはじめとする各賞が決定する。1次審査の結果発表は今月中旬を予定。

受賞者には、実行委員会や協賛企業から提供される副賞のほか、情報処理推進機構(IPA)が行う未踏IT人材発掘・育成事業への推薦、スタートアップ支援など様々な特典も用意されている。

また同日は、「Programmer’s Day」と題し、CSAJプログラミング教育委員会との合同企画として、プログラミング経験のない小学生向けのワークショップやプログラミング教育を題材とした大人向けのパネルディスカッションなどのイベントも開催する予定。

「U-22プログラミング・コンテスト2019」最終審査会は、ニコニコ生放送で配信される。

関連URL

「事前審査通過40作品」

U-22プログラミング・コンテスト

ニコニコ生放送配信

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス