1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英語コーチング「プログリット」、継続コースに6カ月・1年の長期プラン追加

2019年10月2日

英語コーチング「プログリット」、継続コースに6カ月・1年の長期プラン追加

プログリットは1日、英語コーチングプログラム「プログリット」の卒業後の継続コース「シャドーイング添削コース」に、6カ月と1年コースの長期プランを追加した。

「プログリット」にはプログラム修了者を対象にした継続コースが複数あり、「シャドーイング添削コース」もその一つで、「卒業後もシャドーイングの課題を毎日続けることでリスニング力を伸ばしたい」と希望する人が受講。

2018年5月の継続コースリリース以降、既に1153人のプログリット修了生が同添削コースを選択。卒業後の継続的なリスニング力の向上を実践している。

同添削コースのプログラムは、各受講生のレベルや英語学習の目的に合わせた様々な種類の音声課題を用意。音声課題を再生し、その後数語遅れて発音をするシャドーイングのトレーニングを行う。

シャドーイングした音声は、毎日録音して、チャットアプリを通して「プログリット」に提出。担当者が毎日(休業日を除く)シャドーイングの音声を添削し、発音や抑揚などについてフィードバックを返信するシステム。

受講料金(税抜)は、1カ月1万9800円、6カ月10万9800円、1年19万8000円。支払いは、クレジット決済または銀行振込。1カ月コースはクレジット決済だけ。

「プログリット」は、2016年9月にスタートした英語コーチングプログラム。これまでに6000人以上が利用しており、今年9月現在、有楽町、新橋、新宿、渋谷、赤坂見附、神田秋葉原、六本木、池袋、横浜、名古屋、西梅田、阪急梅田の12校舎を展開。

関連URL

プログリット

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス