1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. フェアリーデバイセズ、「多言語音声翻訳コンテスト」に技術協力

2019年10月2日

フェアリーデバイセズ、「多言語音声翻訳コンテスト」に技術協力

フェアリーデバイセズは1日、総務省と情報通信研究機構(NICT)が主催する「多言語音声翻訳コンテスト」に、多言語による音声認識・機械翻訳・音声合成のAPIを無償で利用できるサンドボックスサーバーを開放し、技術提供したことを明らかにした。

総務省およびNICTでは、昨年度に引き続き「多言語音声翻訳コンテスト」を開催し、言葉の壁をなくすための多言語音声翻訳技術の新たな活用方法や使い方などのアイデアと試作品(PoC)を募集し、優秀作品には総務大臣賞などを授与する。

コンテストの参加者は「多言語による音声認識・機械翻訳・音声合成」APIを活用し、実際に動作する「製品・アプリ・サービスなどの試作品」を作成することが求められている。そこでNICTでは、同社が研究開発した多言語音声翻訳技術を共通APIにより誰でも無償で利用できる状態にすることで、コンテストに向けた試作品の開発を支援することとした。申請者には3万回ものAPI利用権が付与され、不足したら再度追加することも可能となっている。

また、コンテストへの参加の有無にかかわらず、多言語音声翻訳技術の商業利用を検討している企業などにも、サンドボックスサーバーの開放期間中に無償で試してもらうことで、技術の社会実装を推進していきたいとしている。

サンドボックスサーバーは、バックエンドとして同社のmimi Cloud API Serviceの技術を活用しており、専用Webサイト上の「サンドボックスサーバー利用申請」から申請して利用することができる。なお、mimi Cloud API Serviceも1日50回までの無償評価利用が可能となっている。

関連URL

「多言語音声翻訳コンテスト」

mimi Cloud API Service

フェアリーデバイセズ

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス