1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. フェアリーデバイセズ、「多言語音声翻訳コンテスト」に技術協力

2019年10月2日

フェアリーデバイセズ、「多言語音声翻訳コンテスト」に技術協力

フェアリーデバイセズは1日、総務省と情報通信研究機構(NICT)が主催する「多言語音声翻訳コンテスト」に、多言語による音声認識・機械翻訳・音声合成のAPIを無償で利用できるサンドボックスサーバーを開放し、技術提供したことを明らかにした。

総務省およびNICTでは、昨年度に引き続き「多言語音声翻訳コンテスト」を開催し、言葉の壁をなくすための多言語音声翻訳技術の新たな活用方法や使い方などのアイデアと試作品(PoC)を募集し、優秀作品には総務大臣賞などを授与する。

コンテストの参加者は「多言語による音声認識・機械翻訳・音声合成」APIを活用し、実際に動作する「製品・アプリ・サービスなどの試作品」を作成することが求められている。そこでNICTでは、同社が研究開発した多言語音声翻訳技術を共通APIにより誰でも無償で利用できる状態にすることで、コンテストに向けた試作品の開発を支援することとした。申請者には3万回ものAPI利用権が付与され、不足したら再度追加することも可能となっている。

また、コンテストへの参加の有無にかかわらず、多言語音声翻訳技術の商業利用を検討している企業などにも、サンドボックスサーバーの開放期間中に無償で試してもらうことで、技術の社会実装を推進していきたいとしている。

サンドボックスサーバーは、バックエンドとして同社のmimi Cloud API Serviceの技術を活用しており、専用Webサイト上の「サンドボックスサーバー利用申請」から申請して利用することができる。なお、mimi Cloud API Serviceも1日50回までの無償評価利用が可能となっている。

関連URL

「多言語音声翻訳コンテスト」

mimi Cloud API Service

フェアリーデバイセズ

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
立命館守山中学校・高等学校 ICT公開授業研究会 11.16土 with Classi 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス