1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 総務省とNICT、第3回 自動翻訳シンポジウム3月11日開催

2020年1月27日

総務省とNICT、第3回 自動翻訳シンポジウム3月11日開催

総務省と情報通信研究機構(NICT)は、有識者によるAIや自動翻訳についての講演会「
第3回 自動翻訳シンポジウム~自動翻訳と翻訳バンク~」を、3月11日に開催する。

昨年の様子

総務省と情報通信研究機構(NICT)では、世界の「言葉の壁」をなくすことを目指すグローバルコミュニケーション計画を推進しており、その一環としてNICTは音声翻訳とテキスト翻訳の研究・開発・社会実装を進めている。

これまでNICTでは、翻訳の高精度化に必要な翻訳データの集積に取り組むとともに、
2017年6月からニューラル機械翻訳技術の導入等を進めているが、翻訳技術を活用する分野によっては翻訳データが足りないことが課題となっている。

こうした問題意識の下、総務省とNICTは、様々な分野における翻訳データの集積に向けて、NICTが様々な分野の翻訳データを集積して活用する「翻訳バンク」の運用を開始している。

今回のシンポジウムでは、こうした背景を踏まえて、各分野の有識者が登壇し、日本のAI技術やAIによる言語処理、翻訳バンクの現在と今後について講演。また、当日会場では、19社の翻訳に関する各企業の製品展示ブースを併設し、国内企業の翻訳技術が体感できる。

開催概要

開催日時:2020年3月11日(水)15:00~17:00(受付:14:00~) ※展示は14:00~18:30
開催会場:コングレスクエア日本橋 [東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル]
参加費:無料
参加定員:400名

詳細・申込

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む STEAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス