1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 総務省とNICT、第3回 自動翻訳シンポジウム3月11日開催

2020年1月27日

総務省とNICT、第3回 自動翻訳シンポジウム3月11日開催

総務省と情報通信研究機構(NICT)は、有識者によるAIや自動翻訳についての講演会「
第3回 自動翻訳シンポジウム~自動翻訳と翻訳バンク~」を、3月11日に開催する。

昨年の様子

総務省と情報通信研究機構(NICT)では、世界の「言葉の壁」をなくすことを目指すグローバルコミュニケーション計画を推進しており、その一環としてNICTは音声翻訳とテキスト翻訳の研究・開発・社会実装を進めている。

これまでNICTでは、翻訳の高精度化に必要な翻訳データの集積に取り組むとともに、
2017年6月からニューラル機械翻訳技術の導入等を進めているが、翻訳技術を活用する分野によっては翻訳データが足りないことが課題となっている。

こうした問題意識の下、総務省とNICTは、様々な分野における翻訳データの集積に向けて、NICTが様々な分野の翻訳データを集積して活用する「翻訳バンク」の運用を開始している。

今回のシンポジウムでは、こうした背景を踏まえて、各分野の有識者が登壇し、日本のAI技術やAIによる言語処理、翻訳バンクの現在と今後について講演。また、当日会場では、19社の翻訳に関する各企業の製品展示ブースを併設し、国内企業の翻訳技術が体感できる。

開催概要

開催日時:2020年3月11日(水)15:00~17:00(受付:14:00~) ※展示は14:00~18:30
開催会場:コングレスクエア日本橋 [東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル]
参加費:無料
参加定員:400名

詳細・申込

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス