1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 総務省など、「第5回 自動翻訳シンポジウム」オンラインで3月11日開催

2022年2月28日

総務省など、「第5回 自動翻訳シンポジウム」オンラインで3月11日開催

総務省、グローバルコミュニケーション開発推進協議会、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は、 「第5回 自動翻訳シンポジウム ~2025年に向けたグローバルコミュニケーション技術~」を3月11日にオンライン開催する。

総務省、グローバルコミュニケーション開発推進協議会、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)は、世界の「言葉の壁」をなくし、グローバルで自由な交流を実現するため、多言語自動翻訳技術の研究開発と社会実装に取り組んでいるという。

ニューノーマル時代において、デジタル技術の活用により距離的・時間的制約から解放される中、「言葉の壁」の解消は非常に重要な課題となっていることから、AIを活用した多言語自動翻訳技術の進展と利活用の現状や、2025年を見据えた今後の飛躍の方向性について幅広く議論・発信を行うため、今回、「第5回 自動翻訳シンポジウム」を開催するという。

同シンポジウムでは、日本におけるAIの成功事例や同時通訳をはじめとする多言語自動翻訳技術に関し、講演やパネルディスカッションを行うとともに、翻訳事業に携わる国内企業によるオンライン展示も併せて実施する。

開催概要

開催日時:3月11日(金) 15:00~17:00
視聴方法:ZoomとYouTubeでライブ配信
参加費:無料
定 員:1000名(事前登録制・先着順)
申込期限:3月9日(水)まで
申込方法:自動翻訳シンポジウムウェブサイトから申込む

詳細・申込

関連URL

自動翻訳シンポジウム

総務省

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス