1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 総務省、NICT主催の「多言語音声翻訳コンテスト」審査会をオンラインで開催

2021年1月18日

総務省、NICT主催の「多言語音声翻訳コンテスト」審査会をオンラインで開催

総務省と情報通信研究機構(NICT)は、多言語音声翻訳技術の新たな活用方法の「アイデア」と「試作品(PoC)」を募集する「多言語音声翻訳コンテスト(第3回)」の審査会をオンラインで1月30日に開催する。

昨年の審査会の様子(オンライン開催)

同コンテストは、世界の「言葉の壁」をなくし、グローバルで自由な交流を実現することを目的とする「グローバルコミュニケーション計画2025」の一環として、多言語音声翻訳技術に関する新たな「アイデア」と「試作品(PoC)」を募集し、多言語音声翻訳技術の更なる普及や多種多様な翻訳サービスの創出を目指している。

審査会では、書類審査によって選ばれた16組によるプレゼンテーションを実施し、優秀作品には総務大臣賞、NICT賞等を授与する予定。

当日の審査会の様子をYouTubeで視聴できる。視聴希望の場合は広報事務局まで1月22日までに連絡する。視聴にはGoogleアカウントのメールアドレスが必要。

審査会 概要

開催日時:1月30日(土)12:45~ 18:05(予定)
実施方法:発表者がオンライン上で個々にアイデア部門・試作品(PoC)部門のプレゼンテーションを行い、審査員が審査会場で賞を選出・発表。
進行スケジュール(予定):
12:45~ オープニング、開会の挨拶(武田総務大臣(VTR))等
13:00~ アイデア部門:プレゼンテーション(11組:各10分)
15:00~ 審査/休憩
15:40~ 試作品部門:プレゼンテーション(5組:各15分)
17:00~ 審査/休憩
17:30~ 審査結果発表/アイデア・試作品部門の優秀賞発表
18:00~18:05 エンディング、閉会の挨拶(NICT徳田理事長)等
審査員(敬称略・五十音順):
五十嵐悠紀氏(明治大学准教授)、小川和也氏(起業家・フューチャリスト)、首藤一幸氏(東京工業大学准教授)、トラウデン直美氏(タレント・モデル等)、松下佳世氏(立教大学准教授)
視聴申込(広報事務局)
tagengo-pr@kyodo-pr.co.jp
*視聴にはGoogleアカウントのメールアドレスが必要。

関連URL

多言語音声翻訳コンテスト(第3回)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務用PC 二要素認証ログイン 導入事例 秀明英光高等学校 かんたん操作で情報漏洩を防ぐ 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の安否確認に
  • 保護者や生徒との連絡手段でお困りではありませんか? 無料お試しキャンページ実施中! NTTレゾナント
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス