1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英語コーチング「プログリット」、日本人バスケ選手の英語力向上をサポート

2020年6月24日

英語コーチング「プログリット」、日本人バスケ選手の英語力向上をサポート

英語コーチング「プログリット(PROGRIT)」を運営しているプログリット社は23日、同社が実施している次世代のトップアスリートを対象とした英語力向上プロジェクトで、プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」、ならびに女子バスケットボール実業団リーグ「Wリーグ」に所属する日本人バスケ選手をサポートすると発表した。

同プロジェクトによって、プログリッドを受講する日本人バスケ選手の英語力を伸ばし、NBAを始めとする世界での活躍を支援していく。

プログリットは、次世代トップアスリートの英語力向上をサポートし、グローバルな活躍を支援するプロジェクトを実施しているが、今回は、「B.LEAGUE」サンロッカーズ渋谷に所属するベンドラメ礼生選手と「Wリーグ」のJX-ENEOSサンフラワーズに所属する宮澤夕貴選手がプログリットを受講。世界での活躍の一歩を踏み出す。

プロバスケットボール業界では、アメリカのNBAをはじめとした海外リーグでの日本人選手の活躍、「B.LEAGUE」や女子バスケットボールの盛り上がりが近年注目されている。

英語を身に付けることで、外国人選手とのスムーズなコミュニケーションを実現するだけでなく、NBAをはじめとした世界での活躍を実現してほしいという想いから、同社によるプロバスケ選手のサポートが実現した。各選手が英語学習に励む様子などは、選手、チームおよび同社のSNSで発信していく。

プログリットは、2016年9月からスタートした、短期間で英語力を伸ばす英語コーチングプログラムで、今までに累積7000人以上が利用。2020年6月現在、有楽町、新橋、新宿、渋谷、赤坂見附、神田秋葉原、六本木、池袋、横浜、名古屋、西梅田、阪急梅田の12校舎にほか、オンラインコースも開講している。

関連URL

プログリット「アスリート英語力向上プロジェクト」

プログリット

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス