1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. サマデイ、「Feelnote」にブロックチェーン技術を導入する実証開始

2018年12月4日

サマデイ、「Feelnote」にブロックチェーン技術を導入する実証開始

サマデイは3日、同社が開発するSNS型eポートフォリオ「Feelnote」へのブロックチェーン技術の導入実証を、ソニー・グローバルエデュケーションと連携して、2019年2月から開始すると発表した。

d20246-24-657698-1サマデイは、学習者中心のeポートフォリオとして、SNS型eポートフォリオFeelnoteを開発、2016年からサービスをスタートした。

Feelnoteは現在、文部科学省JASSO「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」の高校生・大学生のほか、全国約70校の小中高大の約4万人が利用。

今回、同社は、Feelnoteに記録される多様な学習や活動が、確かにその本人の行ったものであることの信用性をいっそう高めるため、ソニー・グローバルエデュケーションと連携して、新たにFeelnoteにブロックチェーン技術を導入することを決定。2019年2月からその実証を行うことにした。

今回のブロックチェーン実証は、Feelnoteを利用する学校の中の特定の学校の生徒を対象に実施する。

まず、Feelnoteにユーザーがライフログ(活動記録)を投稿すると、投稿ごとに一意のハッシュ値を、Feelnoteからソニー・グローバルエデュケーションが運営するブロックチェーンに書き込む。ブロックチェーンに登録されると、その時点で、その本人が確かに投稿した情報であることが保証される。

Feelnoteのユーザーは、Feelnoteの機能によって、これらの保証付きライフログの中から任意の記録を使用して、自身の活動のストーリーをまとめたポートフォリオを作成することができる。

作成されたポートフォリオを見る教員や大学・企業などの評価者は、ブロックチェーンにより、その真正性を確認することができ、こうした導入実証を行う予定。

関連URL

Feelnote

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス