1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 総務省、オンライン講座「誰でも使える統計オープンデータ」開講

2018年12月6日

総務省、オンライン講座「誰でも使える統計オープンデータ」開講

総務省は、将来の経済成長を担うデータサイエンス力の高い人材育成のための取り組みとして、データサイエンス・オンライン講座「誰でも使える統計オープンデータ」を4日から開講した。

00この講座は、社会人・大学生に統計オープンデータを活用したデータ分析の手法を分かりやすく解説する内容で、昨年6月に実施した講座を再び開講するもの。

政府統計の総合窓口であるe-Stat、総務省と統計センターが提供する統計GIS、API 機能などを使い、統計オープンデータを活用したデータ分析の手法を学ぶ。

受講のための登録は2019年1月29日まで可能だが、同講座の修了証を取得するには1月7日までに登録して受講の上、課題を提出する必要がある。

講師は、統計家の西内啓氏、「GEEO」開発者の小谷祐一朗氏、総務省統計局と統計センター職員が務める。

開催概要

開講日:12月4日(火)
学習時間:1回10分程度×5~7回程度(1週間)×4週
課 題:第1~3週の確認テストと最終課題の実施
受講対象:社会人、大学生
受講登録:無料

詳細・登録

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
採点ナビ

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 定期配送お申込フォーム
  • 学習評価(アセスメント)特集ページ 公正な学習評価を実践するためのヒント集
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス