1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 東海大学付属相模高・中、フルノシステムズの無線LANアクセスポイント導入

2018年12月6日

東海大学付属相模高・中、フルノシステムズの無線LANアクセスポイント導入

フルノシステムズは5日、東海大学付属相模高等学校・中等部が、iPadを活用したICT授業を支える無線環境インフラとして、同社の業務用無線LANアクセスポイント「ACERAシリーズ」を導入したと発表した。

d4012-68-643264-0同校では、生徒が所有するiPadを学校に持ち込んで授業に利用する「BYOD(Bring Your Own Device)」スタイルを取り入れるなど、先進的なICT授業の取り組みに着手。

教員や生徒が使用するiPadや、黒板に画像を投影するプロジェクタを稼働する無線インフラとして、普通教室や講堂、図書室などに約40台のアクセスポイント(AP)を設置した。

ハード機器のAP本体と、それらを一括で管理する無線ネットワーク管理システム「UNIFAS(ユニファス)」を同社が提供し、無線環境の構築やUNIFASを用いたメンテナンスサービスなどの運用サポートは東海ソフト開発が担当。

東海大相模をはじめ、全国の東海大付属小・中・高校の全ての学校(高校11校、中学校5校、小学校1校)が同社のAPを導入した。

関連URL

東海大学付属相模高等学校・中等部

フルノシステムズ

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス