1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「未来の教室」実証事業、飯塚市など地域の中高生がITで地域課題解決

2018年12月6日

「未来の教室」実証事業、飯塚市など地域の中高生がITで地域課題解決

ライフイズテックは5日、福岡県飯塚市・嘉麻市・桂川町と連携して、地域の中高生を対象に「課題解決×IT・プログラミング」をテーマとした実践的な学びのプログラム「Creative Hack for Local in 飯塚市・嘉麻市・桂川町」を実施すると発表した。

d19771-37-555412-0同事業は、経済産業省の「未来の教室」実証事業の1つとして実施するもので、地域の中高生がアプリ開発やWeb・映像制作、デザインを学び、地域の人たちへのヒアリングから実社会に基づいた課題を設定し、学んだIT技術を活かして課題解決のための制作に実践的に取り組む。

今回の取り組みでは、実社会の課題に基づき実際にウェブサイトや映像を「創る」点が特徴という。アクティブラーニングの手法として注目を集めるPBL (課題解決型学習) に、IT・プログラミングなどのテクノロジーを生かしたモノづくりの体験を加えることで、課題を解決する能力や創造力/クリエイティビティを育むライフイズテックの学習プログラム「CPBL (Creative Project-Based Learning)」の実践事例となる。

プログラムは福岡県飯塚市、嘉麻市、桂川町に在住または在学の中高生16名を対象に、飯塚市役所多目的ホールにおいて、12月~1月の土日全4日程 (土曜13:30~18:00、日曜9:00~17:00) で行われる。

関連URL

実証事業の詳細

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス