1. トップ
  2. 学校・団体
  3. JDLA、ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定するE資格2月開催

2019年1月24日

JDLA、ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定するE資格2月開催

ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す「日本ディープラーニング協会」(JDLA)は23日、ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定するE資格(エンジニア資格)「JDLA Deep Learning for ENGINEER 2019 #1」を、2月23日に開催することを決定し、申込受付を開始したと発表した。

本試験を受験するには、JDLA認定プログラムを試験日の過去2年以内に修了していることが条件となり、JDLAでは23日現在、7つのプログラムを認定しいる。

E資格(エンジニア資格)の概要

0124-jdl名 称 :JDLA Deep Learning for ENGINEER 2019 #1
概 要 :ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定する
受験資格:JDLA認定プログラム※を試験日の過去2年以内に修了していること
試験概要:全国の指定試験会場から、申し込み時に選択
出題問題:シラバスより、JDLA認定プログラム修了レベルの問題
(ソースコードを含む問題については、 Pythonで記述され、 かつChainer・TensorFlow等の機械学習系ライブラリに依存しない問題を出題)
受験料:一般:3万2400円(税込)、学生:2万1600円(税込)、会員:2万7000円(税込)
試験日:2019年2月23日(土):2部制 申込時にいずれか選択(各部120分)
第1部 13:00-15:00、 第2部 15:15-17:15
申込期間:2019年1月23日(水)0:00 ~ 2019年2月15日(金)24:00
申込先:「日本ディープラーニング協会 資格試験専用Webサイト

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス