1. トップ
  2. 学校・団体
  3. GLOCOM六本木会議、「教育情報化5つの提言」を公開

2019年1月24日

GLOCOM六本木会議、「教育情報化5つの提言」を公開

GLOCOM六本木会議・教育分科会は23日、世界的にも遅れが著しい日本の教育情報化にブレイクスルーをもたらすための「5つの提言」を公開した。

0124-gcGLOCOM六本木会議は、2017年11月から「教育情報化のブレイクスルー分科会」で、産官学からの多様な参画者とともに検討を進め、今回、「5つの提言」をとりまとめた。

提言(要旨)の1つ目は、「1人1台学習者用コンピュータ整備の実現」で、日本の公教育のICT環境を、学習者1人1台コンピュータ配備の世界先端レベルに引上げようという。

2つ目は、「学校への確実な情報環境整備と有効活用」。児童・生徒中心の機器活用視点と実態に寄り添う仕様によって、機器死蔵率を低減させようという。

3つ目は、「デジタル・コミュニケーションの抑制から活用へ」。学校への私有機器持ち込みを認め、積極活用のためのデジタルシティズンシップ教育の実施を提言している。

4つ目は、「教育分野のオープンデータ整備・活用の推進」。学校や教育委員会の透明性のため、収集・所有するデータのオープン化と検索機能を提供しようという。

5つ目は、「デジタルによるひらかれた学校づくり」で、円滑なコミュニケーションのため、保護者向けオンライン告知サービスや学校SNSを活用しようと提言。

GLOCOM六本木会議は、情報通信分野で、次々と登場する革新的な技術や概念に適切に対処し、日本がスピード感を失わずに新しい社会に移行していくための議論の場を提供することや、政策提言活動を行うことを活動意義として、2017年9月に設立。産官学民によるメンバーで構成され、各種勉強会、分科会活動などを行っている。

関連URL

 GLOCOM六本木会議 教育情報化のブレイクスルー分科会

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス