1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アジア「アプリ開発コンテスト」で日本代表の小5男子が1位に

2019年3月25日

アジア「アプリ開発コンテスト」で日本代表の小5男子が1位に

CA Tech Kids(シーエーテックキッズ)は22日、アジアの子どもたちを対象としたアプリ開発コンテスト「AppJamming Summit 2019」(アップジャミングサミット)の香港決勝で、日本代表選手が小学生部門で第1位、中学生部門で第2位とMost Creative AwardをW受賞したと発表した。

0325-ctkこのコンテストは、2014年から毎年香港で開催されており、中国、韓国、インド、トルコや、東南アジア諸国など世界15カ国から代表選手が参加している。

1~4人で構成されたチームが、事前に提示されるテーマに沿ったアプリやゲームなどを開発し、作品の出来栄えを競い合うもので、開催6年目となる今年度は「Culture(文化)」というテーマで作品の募集が行われた。

今年度大会から日本も初めて参加。同社が運営する小学生プログラミングスクール「Tech Kids School」(テックキッズスクール)が、同コンテストの日本事務局として、書類審査や日本代表決定戦(Semi-Final)を行い、代表選手3人を選出した。

3月17日に行われた香港決勝(Final)には、小学生部門12組、中学生部門10組の合計22組37人の代表選手が集結。自身の開発したアプリを、英語でプレゼンテーションした。

日本代表選手の小学5年生・井上将煌(イノウエマサキ)さんが、小学生部門で第1位を受賞。菅野楓(スガノカエデ)さんと晄(ヒカリ)さんの姉妹チームが、中学生部門で第2位の受賞に加えて、特に完成度が高い1作品が選ばれる「Most Creative Award」も受賞した。

井上さんは、日本の伝統的な楽器の琴の音色で四季折々の曲を演奏できるリズムゲーム「Koto~Four Seasons Music in Japan~」を、菅野さんチームは、文字が読めない国でも安心してレストランでの注文ができるよう、スマホカメラでメニューを撮影すると、どんな料理なのか画像表示して教えてくれる便利アプリ「MENUPIC」を、それぞれ発表した。

関連URL

「AppJamming Summit 2019」詳細(英文)

CA Tech Kids

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス