1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. CA Tech Kids、「AppJamming Summit 2021」で日本代表キッズ4名が全員受賞

2021年4月2日

CA Tech Kids、「AppJamming Summit 2021」で日本代表キッズ4名が全員受賞

CA Tech Kidsは、3月27日に開催されたアジアのキッズプログラマー対象のアプリ開発コンテスト「AppJamming Summit 2021」のオンライン決勝大会において、出場した4名の日本代表選手それぞれが表彰されたと発表した。


「AppJamming Summit」は、中国、韓国、インド、東南アジア諸国などアジア太平洋地域の16歳未満のプログラマーのためのアプリ開発コンテスト。今回の作品テーマは「Apart but Together」(離れていても一緒)で、Scratch、CodePen(Webプログラミング)、App Inventor2(アンドロイドアプリ開発ツール)で開発された作品を募集した。

同社が運営する小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School」が日本事務局として、書類審査や日本予選(Semi-Final)を行い、香港事務局との審査の結果、4名の日本代表選手を選出。

3月27日に行われたオンライン決勝大会(Final)には、Junior部門、Senior部門に17カ国より合計14組の代表選手が、自身の開発したアプリについて英語でプレゼンテーション。日本代表選手4名は、Junior部門で水留駿さんが第1位、高田久仁一さんが第2位、Senior部門で安藤優那さんが第2位、平川晴茄さんは特に完成度が高い1作品が選ばれるMost Creative Awardを受賞し、全員が表彰された。

「AppJamming Summit 2021」日本代表の結果

Junior部門 第1位:水留駿さん(小学6年生) 作品「HAND SIGN MUSIC」
言語の壁を超えて音楽を楽しめるようにしたいという発想から、音階を表すハンドサインと音を機械学習させ、ハンドサインで音楽を奏でて遊ぶことができる作品。

Junior部門 第2位:高田久仁一さん(小学5年生) 作品「With Feelings」
コロナ禍に孤独を感じてしまうことがないよう、自分の現在の気持ちを1人1人がパズルのピースとして表現し、世界中の人と感情を共有し繋がりを感じることができる作品。

Senior部門 第2位:安藤優那さん(小学6年生) 作品「Social Distance Challenge online」
コロナ禍でも友達と楽しく遊べるオンライン対戦ゲーム。「三密」をモチーフにした内容で、プレイヤー同士がソーシャルディスタンスを保ちながらクリアを目指す。

Most Creative Award:平川晴茄さん(小学6年生) 作品「Brushtalk with Translation function」
スマートフォン等の操作に慣れていない人とも、離れた場所にいてもビデオ電話やスタンプなどでスムーズにコミュニケーションをとるためのアプリ。4カ国語(英・日・中・韓)への相互翻訳機能を搭載。

関連URL

「AppJamming Summit 2021」

CA Tech Kids

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス