1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. アジアの子どもたちが一堂に会するアプリ開発コンテスト、選手募集

2018年12月4日

アジアの子どもたちが一堂に会するアプリ開発コンテスト、選手募集

CA Tech Kidsは3日、アジアの子どもたちを対象として2019年3月に香港で開催されるアプリ開発コンテスト「AppJamming Summit 2019」に出場する日本代表選手の募集を開始した。

22564_ext_24_1「AppJamming Summit」は、アジア太平洋地域を中心とした若きプログラマーのためのアプリ開発コンテスト。マサチューセッツ工科大学が提供するAndroid対応アプリ開発ツール「App Inventor 2」を使って、事前に提示されるテーマに沿ったアプリやゲームなどを開発し、作品の出来栄えを競い合う。

2014年から香港で毎年開催されており、中国、韓国、インド、トルコや東南アジア諸国など、世界15カ国から代表選手が参加しているという。開催6年目となる今年度の大会には、日本からも初めて参加することが決定し、同社は「AppJamming Summit」日本事務局として、日本予選の実施を行うこととなった。

日本予選では、日本国内に住む8歳以上の子どもたちを対象に全国から作品を募集する。事前審査を経て、約10組が3月3日に東京で実施される日本代表決定戦に臨み、上位1組ないし2組が日本代表として、3月17日に香港で開催される決勝大会へ進出する。

同社では、コンテストへの応募を考えている人に向けた「AppJamming Summit 2019ワークショップ」を、東京、大阪、沖縄で開催する (コンテストへの応募に際し、ワークショップへの参加は必須ではない)。

関連URL

コンテストとワークショップの詳細・申込

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス