1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. J21、「トリビアチャットボット」日本語版の無償公開を発表

2018年12月4日

J21、「トリビアチャットボット」日本語版の無償公開を発表

ジャパン・トゥエンティワンは3日、同社がマスターディストリビューターを務めるコードモンキー・スタジオ(イスラエル)が、チャットボットづくりを体験できる「トリビアチャットボット」日本語版の無償公開を始めると発表した。

d10261-39-873809-0課題達成型のプログラミング教材として、日本でも広く利用されている「コードモンキー/コードの冒険」の開発元であるコードモンキー・スタジオは、従来からCode.org(米国)が主唱するプログラミング教育活動「Hour of Code」向けに無償教材を提供。

今回、12月の「コンピューターサイエンス教育週間」に合わせて、日本語版「トリビアチャットボット」を公開することにした。

「トリビアチャットボット」は、「コードモンキー/コードの冒険」と同様、PCのブラウザ上で動作するインストール不要のプログラミング教材で、プログラミング言語「Python」を使って、メッセージのやり取りを行うチャットボットの作り方を学ぶ。

サルのモンタ・チャットボットが出すトリビアを問う質問に、ユーザーが回答。チャットボットが正否を判定して、チャットの最後に正答数に応じたメッセージを自動的に返す、という簡単なチャットボットの作り方を16のエクササイズを通して学んでいく。

「コードモンキー/コードの冒険」は、プログラミングの基礎概念をゲーム感覚で学習できるWebサイトで、サルの動きをプログラミングしてバナナを取る、という単純明快な課題解決型教材。

全世界で総ユーザー数は800万人を超え、日本では2015年12月の販売開始以来、無料体験を含めたユーザー数は5万人に上る。2018年6月13日、米ソフトウェア業界団体SIIA主催の「2018 CODiE アワード」でベストコーディング&コンピュテーショナル・シンキングソリューションを受賞した。

関連URL

トリビアチャットボット

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス