1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. J21、「トリビアチャットボット」日本語版の無償公開を発表

2018年12月4日

J21、「トリビアチャットボット」日本語版の無償公開を発表

ジャパン・トゥエンティワンは3日、同社がマスターディストリビューターを務めるコードモンキー・スタジオ(イスラエル)が、チャットボットづくりを体験できる「トリビアチャットボット」日本語版の無償公開を始めると発表した。

d10261-39-873809-0課題達成型のプログラミング教材として、日本でも広く利用されている「コードモンキー/コードの冒険」の開発元であるコードモンキー・スタジオは、従来からCode.org(米国)が主唱するプログラミング教育活動「Hour of Code」向けに無償教材を提供。

今回、12月の「コンピューターサイエンス教育週間」に合わせて、日本語版「トリビアチャットボット」を公開することにした。

「トリビアチャットボット」は、「コードモンキー/コードの冒険」と同様、PCのブラウザ上で動作するインストール不要のプログラミング教材で、プログラミング言語「Python」を使って、メッセージのやり取りを行うチャットボットの作り方を学ぶ。

サルのモンタ・チャットボットが出すトリビアを問う質問に、ユーザーが回答。チャットボットが正否を判定して、チャットの最後に正答数に応じたメッセージを自動的に返す、という簡単なチャットボットの作り方を16のエクササイズを通して学んでいく。

「コードモンキー/コードの冒険」は、プログラミングの基礎概念をゲーム感覚で学習できるWebサイトで、サルの動きをプログラミングしてバナナを取る、という単純明快な課題解決型教材。

全世界で総ユーザー数は800万人を超え、日本では2015年12月の販売開始以来、無料体験を含めたユーザー数は5万人に上る。2018年6月13日、米ソフトウェア業界団体SIIA主催の「2018 CODiE アワード」でベストコーディング&コンピュテーショナル・シンキングソリューションを受賞した。

関連URL

トリビアチャットボット

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス