1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 小中学生向けプログラミング全国大会「コードラッシュJP」開催

2018年5月31日

小中学生向けプログラミング全国大会「コードラッシュJP」開催

コードモンキー・スタジオ(イスラエル)のマスターディストリビューターであるジャパン・トゥエンティワン(J21)は30日、プログラミング教材「コードモンキー/コードの冒険」を利用した全国大会「コードラッシュJP」を、7月~8月にかけて開催すると発表。同日からエントリーを開始した。

00コードモンキー・スタジオは、米国在住の児童生徒を対象としたオンラインプログラミング大会「Code Rush」を毎年開催。

「コードラッシュJP」は、「Code Rush」に準じたシステムやルールを利用した、日本国内の小中学生を対象としたプログラミング大会で、今年は7月19日~8月23日まで開催する。

エントリーは、プログラミング教室の教師や、保護者、学校の教師などの「チームリーダー」が行う。小3~小5または小6~中2の児童生徒4人のチーム毎に、参加費3240円(税込)を支払うことで、開催期間中「コードモンキー/コードの冒険」特別編にアクセスできるようになる。

チャレンジ100までの通常の課題に加え、大会参加者限定のスペシャルチャレンジ50が、開催期間中、段階的にアンロックされていく。

チームリーダーは、「ティーチャーダッシュボード」を通して、チームメンバーの進捗状況を確認することができ、他のチームの得点は定期的に更新される「リーダーボード」で確認できる。

7月1日~18日にウォーミングアップとして30メインモードに取り組む。競技は、7月19日~26日に段階的にオープンされる70メインモードに取り組み、7月30日~8月20日に段階的にオープンされる50のスペシャルチャレンジに挑戦。

競技終了は8月23日18:00で、結果発表は8月25日。

CodeRush コードラッシュJP – CodeMonkeyのプログラミングコンテスト

関連URL

詳細・申込

CodeMonkey Studios inc.

ジャパン・トゥエンティワン

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
CASIO 「カシオのプロジェクターで生徒とのシンクロ率が向上しました」 栄光ゼミナール 目白校 阿部先生
EPSON プログラミングやリスニング用ディスクなどを複数枚作るなら ディスクをカンタンに作成できる ディスク デュプリケーター
EDIX関西2018 出展社特集 掲載記事募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス