1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 小中学生向けプログラミング全国大会「コードラッシュJP」開催

2018年5月31日

小中学生向けプログラミング全国大会「コードラッシュJP」開催

コードモンキー・スタジオ(イスラエル)のマスターディストリビューターであるジャパン・トゥエンティワン(J21)は30日、プログラミング教材「コードモンキー/コードの冒険」を利用した全国大会「コードラッシュJP」を、7月~8月にかけて開催すると発表。同日からエントリーを開始した。

00コードモンキー・スタジオは、米国在住の児童生徒を対象としたオンラインプログラミング大会「Code Rush」を毎年開催。

「コードラッシュJP」は、「Code Rush」に準じたシステムやルールを利用した、日本国内の小中学生を対象としたプログラミング大会で、今年は7月19日~8月23日まで開催する。

エントリーは、プログラミング教室の教師や、保護者、学校の教師などの「チームリーダー」が行う。小3~小5または小6~中2の児童生徒4人のチーム毎に、参加費3240円(税込)を支払うことで、開催期間中「コードモンキー/コードの冒険」特別編にアクセスできるようになる。

チャレンジ100までの通常の課題に加え、大会参加者限定のスペシャルチャレンジ50が、開催期間中、段階的にアンロックされていく。

チームリーダーは、「ティーチャーダッシュボード」を通して、チームメンバーの進捗状況を確認することができ、他のチームの得点は定期的に更新される「リーダーボード」で確認できる。

7月1日~18日にウォーミングアップとして30メインモードに取り組む。競技は、7月19日~26日に段階的にオープンされる70メインモードに取り組み、7月30日~8月20日に段階的にオープンされる50のスペシャルチャレンジに挑戦。

競技終了は8月23日18:00で、結果発表は8月25日。

CodeRush コードラッシュJP – CodeMonkeyのプログラミングコンテスト

関連URL

詳細・申込

CodeMonkey Studios inc.

ジャパン・トゥエンティワン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス