1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. J21、プログラミング全国大会「コードラッシュJP」エントリー開始

2019年6月3日

J21、プログラミング全国大会「コードラッシュJP」エントリー開始

コードモンキー・スタジオ社(イスラエル)のマスターディストリビューターを務めるジャパン・トゥエンティワン(J21)は、7月1日~8月26日に開催する、プログラミング学習教材「コードモンキー/コードの冒険」を利用した全国大会「コードラッシュJP」のエントリーを開始した。

0603-j21コードモンキー・スタジオ社は、米国在住の児童生徒を対象としたオンラインプログラミング大会「Code Rush」を毎年開催。

「コードラッシュJP」は、この「Code Rush」に準じたシステムやルールを利用したプログラミング全国大会で、今夏で2回目の開催。

今回は、「小学生」、「中学生」、「高校生以上」の3つの部門を設定し、各部門の年齢に満たない人をメンバーに加えることもできるようにした。家族や友人のグループで「高校生以上」にエントリーし、大人も一緒に大会限定の「スペシャルチャレンジ」が楽しめる。

エントリーは、プログラミング教室や学校の教師、保護者などの「チームリーダー」が行う。4人のチーム毎に、参加費3240円(税込み)を支払うことで、開催期間中「コードモンキー/コードの冒険」特別編へのアクセスができるようになる。

チャレンジ145までの通常ステージでウォーミングアップをした後は、大会参加者限定となる67のスペシャルステージ「スペースモンタ」に挑戦して、他チームとスコアを競う。

チームリーダーは、「ティーチャーダッシュボード」を通して、チームメンバーの進捗状況を確認することができる。他のチームの得点は、定期的に更新される「リーダーボード」で確認できる。

今回は、大会登録だけの「シンプルパッケージ」に加え、教育ライセンスのオプション冊子「カリキュラムガイド」1冊と、申し込み時から7月1日の開催前まで先行して「コードモンキー/コードの冒険」420チャレンジにアクセスできるサブスクリプション1つをセットにした「リーダー強化パッケージ」(税込:5400円)を限定数用意して、初心者のリーダーをサポートする。

各部門の上位3チームには、コードモンキー・スタジオ社から賞状が、J21からは「コードモンキー」シリーズの年間サブスクリプションが与えられる。また、協賛企業からも賞品が提供される予定。

開催スケジュール

エントリー:5月31日(金) 11:00~(予定数になり次第、受付終了)
ウォーミングアップ:7月1日(月)~8月26日(月)、145メインモードに取組む。競技のスコアには加算されない
競技I:8月5日(月)9:00~8月12日(月)21:00、35のスペシャルチャレンジに取組む
競技Ⅱ:8月19日(月)9:00~8月26日(月)21:00、32のスペシャルチャレンジに取組む
結果発表:8月30日(金)

詳細・申込

関連URL

J21

コードモンキー・スタジオ社

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス