1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. J21、プログラミング全国大会「コードラッシュJP」エントリー開始

2019年6月3日

J21、プログラミング全国大会「コードラッシュJP」エントリー開始

コードモンキー・スタジオ社(イスラエル)のマスターディストリビューターを務めるジャパン・トゥエンティワン(J21)は、7月1日~8月26日に開催する、プログラミング学習教材「コードモンキー/コードの冒険」を利用した全国大会「コードラッシュJP」のエントリーを開始した。

0603-j21コードモンキー・スタジオ社は、米国在住の児童生徒を対象としたオンラインプログラミング大会「Code Rush」を毎年開催。

「コードラッシュJP」は、この「Code Rush」に準じたシステムやルールを利用したプログラミング全国大会で、今夏で2回目の開催。

今回は、「小学生」、「中学生」、「高校生以上」の3つの部門を設定し、各部門の年齢に満たない人をメンバーに加えることもできるようにした。家族や友人のグループで「高校生以上」にエントリーし、大人も一緒に大会限定の「スペシャルチャレンジ」が楽しめる。

エントリーは、プログラミング教室や学校の教師、保護者などの「チームリーダー」が行う。4人のチーム毎に、参加費3240円(税込み)を支払うことで、開催期間中「コードモンキー/コードの冒険」特別編へのアクセスができるようになる。

チャレンジ145までの通常ステージでウォーミングアップをした後は、大会参加者限定となる67のスペシャルステージ「スペースモンタ」に挑戦して、他チームとスコアを競う。

チームリーダーは、「ティーチャーダッシュボード」を通して、チームメンバーの進捗状況を確認することができる。他のチームの得点は、定期的に更新される「リーダーボード」で確認できる。

今回は、大会登録だけの「シンプルパッケージ」に加え、教育ライセンスのオプション冊子「カリキュラムガイド」1冊と、申し込み時から7月1日の開催前まで先行して「コードモンキー/コードの冒険」420チャレンジにアクセスできるサブスクリプション1つをセットにした「リーダー強化パッケージ」(税込:5400円)を限定数用意して、初心者のリーダーをサポートする。

各部門の上位3チームには、コードモンキー・スタジオ社から賞状が、J21からは「コードモンキー」シリーズの年間サブスクリプションが与えられる。また、協賛企業からも賞品が提供される予定。

開催スケジュール

エントリー:5月31日(金) 11:00~(予定数になり次第、受付終了)
ウォーミングアップ:7月1日(月)~8月26日(月)、145メインモードに取組む。競技のスコアには加算されない
競技I:8月5日(月)9:00~8月12日(月)21:00、35のスペシャルチャレンジに取組む
競技Ⅱ:8月19日(月)9:00~8月26日(月)21:00、32のスペシャルチャレンジに取組む
結果発表:8月30日(金)

詳細・申込

関連URL

J21

コードモンキー・スタジオ社

学力向上に即効 S、Aランクが3倍に 西武台高等学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス