1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. コードモンキーJP、小中高校対象の教材無償提供を5月31日まで延長

2020年4月30日

コードモンキーJP、小中高校対象の教材無償提供を5月31日まで延長

ジャパン・トゥエンティワン(J21)が運営するWebサイト「コードモンキーJP」は、新型コロナウイルスによる臨時休校が続くことを受け、全国の小中高校を対象に実施していた、プログラミング学習教材「コードモンキー」の無償提供期間を、5月31日まで延長した。

コードモンキー・スタジオ社(本社:イスラエル)の「コードモンキー」シリーズは、PCやタブレットのブラウザ上で動作するインストール不要のプログラミング学習教材。

学校で利用する場合は、自宅で学ぶ児童生徒に対して、教師が専用のアカウントで進捗状況や解答状況を確認することで、遠隔から学びをサポートできる。

同スタジオ社とJ21は、全国の小中高校に、「コードモンキー」シリーズの全教材を5月10日までの期間限定で無償提供していたが、「コロナ休校」が依然として収束しないことを受け、無償提供期間を5月31日まで延長することにした。

また、同スタジオ社は、米国の非営利団体「Code.org」が主催する「Hour of Code」の活動に賛同し、各1時間程度で修了することを想定した無償プログラミング教材を8コース公開、「コードモンキーJP」では同コースの日本語への翻訳を行っている。アカウント設定などの事前作業は不要で、学校・団体・家庭・個人で幅広く活用できる。

無償提供の概要

提供期間:5月31日まで(6月1日以降、継続利用する場合は有償)
提供対象:学校活動を休止中の全国の小学校、中学校、高校
提供内容:プログラミング学習教材「コードモンキー」シリーズの全コース
利用環境:インターネット接続されているPCのブラウザやタブレット
詳細

申込み

関連URL

「コードモンキーJP」

「Hour of Code」

J21

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス