1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「コードモンキー/コードの冒険」が米国・ママズチョイスアワード受賞

2018年12月27日

「コードモンキー/コードの冒険」が米国・ママズチョイスアワード受賞

ジャパン・トゥエンティワンは26日、同社がマスターディストリビューターを務めるコードモンキー・スタジオ(イスラエル)の「コードモンキー/コードの冒険」が、米国のママズチョイスアワード(MCA)を受賞したと発表した。

d10261-40-490395-0MCAは、家族や教育者向けに各分野の最良な製品やサービスを紹介するために、エントリーされた製品の品質やデザイン、教育的価値、エンターテイメント性、独自性や魅力、価格など様々な指標を元にして厳格に製品を評価。MCAの承認が与えられた製品やサービスは、「高品質で高価値」であると広く認知されるという。

ゲーム感覚でプログラミングが学べる「コードモンキー/コードの冒険」は、この選考過程で、プログラミングの基礎概念や問題解決、幾何学や数学的思考などの能力が磨けるWebサービスであることが評価され、今月12日に、最高評価の製品であると認められた。

「コードモンキー/コードの冒険」は、プログラミングの基礎概念をゲーム感覚で学習できるWebサービスで、サルの動きをプログラミングしてバナナを取る、という単純明快な課題解決型の教材。

全世界で総ユーザー数は800万人を超え、日本では2015年12月の販売開始以来、無料体験を含めたユーザー数は5万人に上る。

また今年6月13日に、米ソフトウェア業界団体SIIA主催の2018 CODiE アワードでベストコーディング&コンピュテーショナル・シンキングソリューションを受賞。

愛知県豊橋市では市民1000人が学ぶ取り組み、また静岡県西伊豆町の小学校では、算数の授業で採用されるなど、自治体や教育現場での活用も始まっている。

関連URL

「コードモンキー/コードの冒険」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス