1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「コードモンキー/コードの冒険」が米国・ママズチョイスアワード受賞

2018年12月27日

「コードモンキー/コードの冒険」が米国・ママズチョイスアワード受賞

ジャパン・トゥエンティワンは26日、同社がマスターディストリビューターを務めるコードモンキー・スタジオ(イスラエル)の「コードモンキー/コードの冒険」が、米国のママズチョイスアワード(MCA)を受賞したと発表した。

d10261-40-490395-0MCAは、家族や教育者向けに各分野の最良な製品やサービスを紹介するために、エントリーされた製品の品質やデザイン、教育的価値、エンターテイメント性、独自性や魅力、価格など様々な指標を元にして厳格に製品を評価。MCAの承認が与えられた製品やサービスは、「高品質で高価値」であると広く認知されるという。

ゲーム感覚でプログラミングが学べる「コードモンキー/コードの冒険」は、この選考過程で、プログラミングの基礎概念や問題解決、幾何学や数学的思考などの能力が磨けるWebサービスであることが評価され、今月12日に、最高評価の製品であると認められた。

「コードモンキー/コードの冒険」は、プログラミングの基礎概念をゲーム感覚で学習できるWebサービスで、サルの動きをプログラミングしてバナナを取る、という単純明快な課題解決型の教材。

全世界で総ユーザー数は800万人を超え、日本では2015年12月の販売開始以来、無料体験を含めたユーザー数は5万人に上る。

また今年6月13日に、米ソフトウェア業界団体SIIA主催の2018 CODiE アワードでベストコーディング&コンピュテーショナル・シンキングソリューションを受賞。

愛知県豊橋市では市民1000人が学ぶ取り組み、また静岡県西伊豆町の小学校では、算数の授業で採用されるなど、自治体や教育現場での活用も始まっている。

関連URL

「コードモンキー/コードの冒険」

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス