1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 産経オンライン英会話、AIで発音を効果的に学習する「Aispeak」無料公開

2019年5月21日

産経オンライン英会話、AIで発音を効果的に学習する「Aispeak」無料公開

産経ヒューマンラーニングが運営する「産経オンライン英会話」は、より効果的な英語学習ツールとして、アイード社の最先端AI(人工知能)を活用した発音・会話力判定サービス「Aispeak(アイスピーク)」を、5月27日から無料公開する。

0521-sk同サービスは単語、センテンス、パラグラフの発音および流暢さまでを詳しく判定する技術を活用して、日本人が苦手とし、かつ自習しづらい発音を効果的に学習。ネイティブスピーカーに通用する英語の習得に役立てることができる。

Aispeakに導入されているAIは、中国発の英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX(チボックス)」。これまでに132の国及び地域、1000社以上の企業で導入され、1億3000万人が利用。

1日あたりのアクティブユーザーは約3500万人を数え、蓄積される大量の学習データにより精度が日々改善されている。

CHIVOXは、発話内容を音素レベルで評価することができ、発音の間違いや漏れを認識し、課題を学習者に適切にフィードバックすることができる。

評価対象も単語だけでなく、センテンス、パラグラフの単位で、抑揚や流暢さを含めた判定を行うこともできる。

産経ヒューマンラーニングは、この技術を生かして、大人から子どもまで幅広くレベルに合わせた発音練習ツールを提供するほか、今年中に英語スピーキング能力判定テストの実施も予定している。

まずは27日に単語、フレーズ、センテンスの発音評価サービスをβ版として無料公開。その後、パラグラフの単位での評価機能やディクテーション判定機能を追加し、英語での自由回答をAIが即時に判定できるサービスとし、今秋の有料化を目指す。

関連URL

産経ヒューマンラーニング

アイード

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス