1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ネイティブキャンプ、AI技術を活用した「スピーキングテスト」をリリース

2020年5月4日

ネイティブキャンプ、AI技術を活用した「スピーキングテスト」をリリース

ネイティブキャンプは、同社のオンライン英会話アプリ「ネイティブキャンプ英会話」で、アイード社のスピーキング評価AI技術「CHIVOX(チボックス)」による自動採点システムを搭載したスピーキングテストを開発した。

このスピーキングテストは、AIによる多次元フィードバックに、独自に構築した採点アルゴリズムを掛け合わせることで、多面的で階層的な評価モデルを生成。

スピーキングテスト採点の完全自動化を実現し、会員は数値化されたスピーキング力の伸びを定期的に確認できるようになった。

定期的にスピーキングテストを受講することで、会員のモチベーション維持が期待でき、英語学習の課題を明確化し、最適な教材選択や学習方法を提案する。

いつでもどこでもスマホ1つで完結し、受講時間は約5分と短く、テスト結果も24時間以内に届く。

「CHIVOX」による発音の精密な評価・フィードバックに加え、文章全体の正確性・完全度・流暢さ・抑揚などを総合的に評価。

テスト結果、英語学習の目的をもとに推奨教材の診断も行うことができ、明確な目的意識を持って日々のレッスンを受講できる。

「CHIVOX」は、132の国と地域で利用され、特に中国の英語教育サービス市場では約60%を占有。上海市や江蘇省などの自治体が行う大学入試や高校入試では、英語スピーキングテストの自動採点システムとして利用されている。

また、グローバルでは1000社以上のプロダクトに導入され、1億3000万人を超える英語学習者にサービスを提供。毎月6億回以上のスピーキング評価を行っている。

関連URL

「ネイティブキャンプ」

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス