1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ジージー、AI技術を活用した「英語スピーキング能力評価テスト」をリリース

2020年11月6日

ジージー、AI技術を活用した「英語スピーキング能力評価テスト」をリリース

ジージーは5日、アイード社の多次元スピーキング評価AI技術「CHIVOX」を活用した英語スピーキング能力評価テスト「AI SPEAKING」をリリースした。

AI SPEAKING 受験風景

「AI SPEAKING」は、同社のオンライン留学サービス「ClassLive」のメンバープラットフォーム上で受験することができ、アプリやソフトのインストールの必要はなく、メンバーページにログインするとブラウザ上で簡単に受験できる。

CHIVOXの各評価カーネルを利用して、CEFR(Common European Framework of Reference for Languages「ヨーロッパ言語共通参照枠」)に準じたレベル判定で、英語スピーキング能力を評価する。

具体的な評価カーネルは、AI Talk評価カーネル(信頼度・発音)、文章評価カーネル(完全性・正確度・流暢さ・リズム)、単語評価カーネル(信頼度・発音)、オープンクエスチョン評価カーネル(文法・内容・発音・流暢さ)。

AI SPEAKING概要

対象:中学生、高校生、大学生、個人留学希望者
形式:オンライン自動音声・問題表示と音声解答
試験時間:約15分
受験方法:個別受験(マイク・スピーカー機能のあるパソコン・タブレット・スマホ)
評価レベル:CEFR準拠のクラスライブレベル
採点方法:AIによる自動採点
採点結果:24~48時間以内にクラスライブ内マイページ及びメールで結果を通知

関連URL

ジージー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス