1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヒューマン、英語学習アプリで学ぶ「Game Englishコース」9月開講

2019年7月2日

ヒューマン、英語学習アプリで学ぶ「Game Englishコース」9月開講

ヒューマンアカデミーは、アプリを使って楽しみながらリスニング力、スピーキング力を鍛え語彙力を伸ばす「Game Englishコース」を9月から新規開講する。

0702-ge「Game Englishコース」は、ゲーミフィケーションを活用した英語学習アプリで、対話形式でネイティブが話す自然な英語を学ぶことで、子どもたちの「もっとやりたい」「続けたい」という気持ちを育み、学習意欲を高めることを目指している。

コースでは、英語を学んだことのない低年齢の子どもたちがスムーズに基本からアルファベットを学べる「Letters to Know !」、単語を学ぶ「Words to Know !」、会話フレーズを学ぶ「Let’s Chant !」の各コンテンツで構成されるアプリを使用したレッスンと、ワークブック、外国人講師によるオンラインレッスンの3つを組み合わせている。

「Words to Know !」と「Let’s Chant !」では、ネイティブスピーカーのお手本を聴き、それを真似て発音すると、音声認識システムが正しい発音がどうかを判定する。判定の結果に応じてキャラクターが成長したり、新たなアイテムがもらえたりするなど、「話す」ことでゲームを進めていくため、英語への苦手意識をなくし楽しみながら学習できるという。

また「Letters to Know !」は音声認識ではなく、同じ文字を指で一筆書きするパズル。一筆書きで長くつなぐと、そのアルファベットを使ったアイテムが飛び出してきたり、文字をつないだ時の効果音が音階になっていたり、楽しく遊んでいるうちに文字と音が頭の中でつながり、自然にアルファベットを覚えられる仕組みになっている。

この他、ワークブックを活用したレッスンでは英語を書く学習に挑戦。また、月に1度のオンラインレッスンで実際に外国人講師と話すことができる。

対象は5歳から。レッスン回数は月4回で、月謝6000円(税別)から(別途、教材費が必要)。受講料は通学する教室によって異なる場合がある。また、各教室で無料体験ができる。

関連URL

Game Englishコース

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス