1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. こゆ財団、イベント「地域教育の未来を語ろう!」27日に開催

2019年7月18日

こゆ財団、イベント「地域教育の未来を語ろう!」27日に開催

こゆ地域づくり推進機構(宮崎県・新富町、「こゆ財団」)は、AI時代に必要な人材を育成する「しんとみ教育まちづくりプロジェクト」の第2弾として、「地域教育の未来を語ろう!」と題したイベントを、27日に地元で開催する。

0718-ky今回は、6月9日に開催したイベント「AI時代に必要な問題発見・解決能力の育て方~学び×遊び×働く」に続くもので、人生100年時代を迎える中、新富町を「誰でも、何度でも学び直せる」リカレント教育の中心地にしていくという。

当日は、「しんとみ教育まちづくりプロジェクト」アドバイザーでスタディサプリ教育AI研究所 所長・東京学芸大学大学院准教授の小宮山利恵子氏、元リクルートキャリアで宮崎公立大学人文学部国際文化学科助教の市村陽亮氏がゲスト出演。

単に「教える」だけではない、興味関心を内面から引き出す教育のありかたについてトークセッションを行う。

また、現在開講中の宮崎公立大学と「こゆ財団」による特別講座「いつか帰ってきたくなる町づくり」について、受講生による最終発表会(一般公開型)も合わせて実施する。

「こゆ財団」は、2017年4月に宮崎県児湯郡新富町が旧観光協会を法人化して設立した地域商社。1粒1000円のライチに代表される農産物のブランディングを通じて「特産品販売」を行い、得られた利益で「人財育成」に投資している。

開催概要

開催日時:7月27日(土)15:30〜19:00
開催会場:新富町総合交流センターきらり[宮崎県児湯郡新富町上富田1]
内容:第1部「地域を実験場に!宮崎県の地域教育における可能性」、第2部「いつか帰って来たくなる町づくり」発表会
定員:40人
料金:無料

関連URL

こゆ財団

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス