1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. マウスコンピューター、IoT機器「mouseスマートホーム」の販売終了

2019年7月23日

マウスコンピューター、IoT機器「mouseスマートホーム」の販売終了

マウスコンピューターは22日、2017年から提供してきたIoT機器「mouseスマートホーム」の販売を、同日で終了したと発表した。

「mouseスマートホーム」は、台湾EQL社と同社の共同開発のもと、販売とクラウドサービスの提供を行っていた製品。

今回、両社協議のうえ、利用状況を鑑み、クラウドサービスの提供を2022年6月30日に終了する予定だという。

サービス終了以降は、スマホにダウンロード済みのアプリケーションが利用できなくなり、 ルームハブに登録した「mouseスマートホーム」製品や、家電製品などのコントロールが行えなくなる。

販売を終了する「mouseスマートホーム」の対象製品は、スターターキット「SK01」、ルームハブ「RH01」、ショックセンサー「SS01」、スマートLEDライト「LL01」、スマートプラグ「SP01」、モーションセンサー「MS01」、ドアセンサー「DS01」、スマート空気清浄機「AP01」、PM2.5センサー「PS01」。

また、クラウドサービスを終了する対象アプリは、EQL Ripple(iOS)/ mouse スマートホーム(Android)。

関連URL

問い合せ

製品情報

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス