1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. コドモン、ICTシステム「学童保育専用サービス」を順次提供

2019年8月14日

コドモン、ICTシステム「学童保育専用サービス」を順次提供

コドモンは13日、同社のICTシステム「CoDMON(コドモン)」で、学童保育事業者に向けた「学童保育専用サービス」を8月から順次提供していくと発表した。

d40113-16-872302-0コドモンは現在、全国約3500園、全国11の自治体に導入されている保育園・幼稚園向けのICTシステムで、一部学童保育でもすでに導入されている。

今回の「学童保育専用サービス」は、現場で求められている、児童ごとの登降所時刻の管理や保護者へのアプリ通知、急な欠席や時間変更の連絡など、日々の煩雑な業務をICTを使って自動化。

事務的な時間を削減しつつ、児童の安全をしっかりと確保することで、学童保育運営の質の向上、健全化をサポートする。

主な機能としては、まず、従来の電話や連絡帳ノート経由での登降所時間の予約・申請受付を、専用の保護者アプリを使ってペーパーレス化。

保護者から次月の登所予定日の申請を受けたり、直前の欠席やお迎えの連絡、登降所方法(どこに送迎するかなど)、おやつの有無などを受け付けることができる。

また、ICカード・QRコード・タッチパネルなど任意の方法で、児童自身が登校時刻や下校時刻の管理を正確に行う。時間が記録されるたびに、アプリやメールで保護者にリアルタイムで通知が送信される。

出席簿に加え、送迎に関するミスを確実になくすために、「登降所予定表」も自動作成。誰がいつ帰るのかが時系列で一覧表示され、下校予定時刻を過ぎても下校の打刻がされなかった場合はアラートが鳴るため、送りそびれが発生しない。

使用料金は、月額8000円(基本利用料5000円/月+登降所管理3000円/月)。

関連URL

学童保育専用サービス

コドモン

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス