1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. KDDI、IoT・データを活用した大学スポーツの選手育成とファン拡大を支援

2019年8月22日

KDDI、IoT・データを活用した大学スポーツの選手育成とファン拡大を支援

KDDIは21日、大学スポーツ協会UNIVASと5年間にわたるトップパートナーシップ契約を締結の上、大学スポーツの選手育成とファン拡大を支援していくことを明らかにした。

「アスリーテック」機能概要

アスリートファーストの姿勢で大学生アスリートを長期的に支援することが、日本のスポーツ選手のレベルの底上げやスポーツ界全体の発展につながると考え、同社の有する技術やサービスを活用した選手育成やファン拡大に向けた施策を推進していく。

選手育成としては、2020年以降順次、UNIVASに加盟する全222大学・34競技団体の選手やチームの情報を管理する「UNIVAS FUNDAMENTAL DATABASE」をUNIVASと共同で構築することで、選手やチームの情報を管理・活用できるようにサポートしていく。

また、データの活用を希望する大学に在籍する大学生アスリートに対し、競技力データや身体データなどをIoTやウェアラブル、センシングデバイスなどを使って収集することで、オンラインコーチングを含む選手への競技指導、練習環境の改善、ケガの予兆検知への活用などを、UNIVASとともに提案する。

データの収集にあたっては、KDDIおよびアクロディアの提供する、センサー内蔵型のボールなどのIoTデバイスから取得したデータを活用し、選手の技術向上に役立てるスポーツIoTプラットフォーム「アスリーテック」や、KDDIのコーポレートベンチャーキャピタルが出資するユーフォリアが運営し、ラグビー日本代表など多くのプロスポーツでも採用されている、アスリートのコンディション・傷害管理を行うWEBサービス「ONE TAP SPORTS」の活用を予定している。

ファン拡大については、運動通信社と共同で提供するスポーツメディア「SPORTS BULL」などで、UNIVASが実施する大学スポーツの映像配信を行っていく。これにより、これまでは観戦機会が限られていた大学スポーツが、スマートフォンやタブレットを通じて、いつでもどこでも誰でも簡単に観戦できるようになる。

同社では将来的に、大学スポーツにおいても第5世代移動通信システム5Gを活用し、映像配信のみならず、リアル観戦においても新たな観戦体験を提供していくことで、大学スポーツをアップデートし続け、ファン層の拡大につなげていきたいとしている。

関連URL

アスリーテック

ONE TAP SPORTS

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi ICTパイロット校 都立三鷹中等教育学校講演「個別最適化学習の取り組みと成果」 11.21 WEB開催
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス