1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アクロディア、野球の投球パフォーマンスが診断可能な「アスリーテックラボ」

2019年12月20日

アクロディア、野球の投球パフォーマンスが診断可能な「アスリーテックラボ」

アクロディア、KDDI、KDDI総合研究所は19日、IoTプラットフォーム「アスリーテック」にIoTボールと行動認識AIを活用し、投手の投球パフォーマンス診断や投球フォーム解析ができる新機能「アスリーテックラボ」を、auスマートパスプレミアム会員向けに提供開始した。

同サービスでは、ボールから取得した球速や回転数のデータを同世代の選手と比較し個人の投球偏差値を確認することができる「パフォーマンス診断機能」や、スマートフォンアプリで撮影した投球動画から全身65カ所の骨格点を抽出して投球フォームを解析できる「投球フォームチェック機能」を利用できる。各自の偏差値から明確な自分の立ち位置を確認できるだけでなく、データ化された自身の投球フォームを活用して、フォームの改善やコンディション管理が可能となる。

同サービスの利用には、アクロディアが提供する野球向けセンサー内蔵ボール「TECHNICAL PITCH」を購入し「アスリーテック」を活用することが必要となる。

利用料金は月額400円(税込)。同サービスに今月31日までに加入したauスマートパスプレミアム会員は、利用開始日から180日間無料となる。

関連URL

「アスリーテックラボ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス