1. トップ
  2. データ・資料
  3. 52.8%の学生が「内定ブルー」を経験=マイナビ就職モニター調査=

2019年8月23日

52.8%の学生が「内定ブルー」を経験=マイナビ就職モニター調査=

マイナビは22日、2020年卒の学生を対象に実施した「2020年卒マイナビ学生就職モニター調査7月の活動状況」をまとめ発表した。

入社予定企業を決めたあとに、「本当にこの会社でいいのか」と不安になったことがある学生の割合

それによると、入社予定先を決めた後に「本当にこの会社でいいのか」と不安になったことがある学生の割合は52.8%(前年比1.6pt増)と半数を超えていた。

流行した就活用語に「内定ブルー」をあげる学生もいるなど、その会社できちんと務まるかどうかといった、社会人として働くことに対して不安を感じる学生が多いことが分かる。

また、そのうち、7月末の段階でまだ不安が解消されていない学生が63.1%(前年比1.1pt増)と6割以上存在した。

学生が不安になった理由で最も多いのは「この会社できちんと務まるかどうか」(34.3%)。以下、「悪い評判・口コミで」(19.8%)、「第1志望の業界・企業ではないので」(16.4%)などが続く。

新しい選考方法である「動画エントリーシート」について、提出を求められたことがある学生は41.5%と全体の4割程度。一般的なエントリーシートよりもハードルが高いこともあり、求められて実際に提出したことがある学生は25.6%と5人に3人程度だった。

就職活動に影響したニュースワードの第1位は「働き方改革」(31.8%)、第2位「人工知能・AI」(21.2%)、第3位「IoT」(17.8%)だった。

また、流行した「就活用語」の第1位は「お祈り」、第2位「ガクチカ」、第3位「サイレント」だった。

この調査は、7月25日~31日にかけ、2020年卒業予定の全国大学4年生及び院2年生のモニター会員にアンケートを配信。有効回答数は1972人(内訳:文系男子353人、理系男子605人、文系女子475人、理系女子539人)。

関連URL

調査結果の詳細

マイナビ

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス