1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 追手門学院中・高、「海洋ゴミ回収ロボット」で6年連続WRO世界大会出場

2019年9月9日

追手門学院中・高、「海洋ゴミ回収ロボット」で6年連続WRO世界大会出場

追手門学院大手前中・高校は、完成させた「海洋ゴミ回収ロボット」で、11月8~10日にハンガリーで開かれるロボットコンテスト「WRO世界大会」に、6年連続で日本代表として出場する。

開発した海洋ゴミ回収ロボット

「海洋ゴミ回収ロボット」は、6月に大阪で開催されたG20大阪サミットの成果の一つである、プラスチックごみの流出による海洋汚染を2050年までにゼロにする「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」に伴って、同校の高校生たちが完成させたもの。

8月25日に兵庫県で開催された「WRO Japan」全国大会のオープンカテゴリーで最優秀賞に選ばれ、その結果、WRO世界大会に日本代表として出場することになった。

同ロボットを開発したのは、同高校1・2年生の4人。海上に浮かぶゴミをカメラで撮影し、その画像データをサーバーに送信。予め学習させたビックデータからゴミの種別を認識し、海洋ゴミだけを回収するロボットを開発した。

ビックデータを用いた学習・認識のシステムとロボットーサーバー間をデータ通信するシステムが評価され、最優秀賞につながった。

同中・高の生徒たちがWRO世界大会に出場するのは6年連続で、生徒たちは世界大会に向けてロボットの調整や、ロボットの説明に必要な英語でのプレゼンテーションの練習に励んでいる。

WRO(World Robot Olympiad)は、市販のロボットキットを利用してロボットを製作し、プログラムで自動制御する技術を競う国際的なコンテスト。科学技術振興機構が認定する国際科学コンテストの1つで、2004年から毎年開催されている。

日本は第1回から参加し、世界大会への参加者を選抜する国内大会は、各県での予選会を経て、決勝(全国)大会が開催される。参加チーム数が2000をこえる国内最大規模のロボコン。

関連URL

追手門学院

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス